スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

じょしらく【二十日目】『四枚起承』

じょしらく 波浪浮亭木胡桃 蕪羅亭魔梨威
ね・む・る・な!

先月卒業させられた丸京さん。
「4人組のほうがしっくりするね」というお話です。

核家族化した日本社会は4人組のほうが過ごしやすいという。
4人なら4コマだよ!
とゆるい4コマ漫画が始まってしまうフリーダムな展開。
これはこれで。

ガンちゃんの強行手段で閉じ込められた4人。
部屋の四隅に座って順繰りと肩を叩く…
『かってに改蔵』でありましたね。懐かしいです。

やっぱり5人がいいね、やったぜ覆面さん!

JUGEMテーマ:じょしらく

じょしらく【十九日目】『眼鏡別れ』

じょしらく 波浪浮亭木胡桃
キグちゃんは白いなぁ、描くたび思う。

今回は乾燥、さらに進んでお肌のお話。

テトラは乾燥肌、キグちゃんはモチ肌、ククルちゃんはサメ肌、
という事が今回あっさり判明したわけですが、
…ではマリーさんは?

アネゴ肌は肌質じゃないやい!

キグちゃんがお絵描き得意だったとはねー。
なんだかそっち方面に。
ツッコミ待ちなのですね、ア○ゴさんの絵は。

覆面落語家の出番もあり、
ガンちゃんが疎外感を感じたりしましたが、
来月ガンちゃんの出番がないってことはないよね?

JUGEMテーマ:じょしらく


じょしらく【十八日目】『夢見の仇討』

今回の別冊少年マガジンはじょしらくの全員サービス付きだよ!
噺家ごっこセット(キャラプリントの手ぬぐいと扇子)実費負担。
単行本派のじょしらくファンも今回だけでも本誌を買うべき。

じょしらくキャラグッズの扇子は以前からの願いだったので喜んで実費負担しますさ。
そういえば、その時の投書の本誌採用記念グッズが今ごろ届きました。
じょしらく千社札シール!

じょしらく千社札シール。

B5サイズジャスト。相当でかいです。
時間がかかっただけあって、デザインは見事です。
『折曲厳禁』と封筒にはあったのに、テトラさんのところに少し、折り目がついていました。
被害を被らないキャラが、あれー?
絶対折り曲げされないでかい郵便受けの購入を真剣に考えてしまいました。

オタクをやっていると折り曲げられたくないサイズの郵便物って結構あるからね。
「『折り曲げ禁止』でここに入らない郵便物の時はインターホンを押してください」
という紙を郵便受けに貼る、郵便屋さん任せな簡単対処法もありますが。


◆さて本編。(前置きまた長い)
今月号は久米田先生とヤス先生へのインタビューページ付き。
主役はテトラだった!?初耳すぎます。
テトラがすず様と可符香のポジションだからか。
そして漫画の内容は「初夢」。

見開きで前回の伏線を回収。天丼すぎる!

「つまんねーこと」なんて各自キャラ立ちがしっかりしてきた現在ではそうそうないのでは。
誰かのつまんねーことは誰かの悩み。

ククルちゃんの悩みを解決するべく芝居を打って出る他メンバー。
上手く行かず、考えた結果がとんでもないことに。

ギャグ漫画な展開だけどさり気無くお色気サービスだぞ、あれは。
帯を解いた着物女子たちが寄り添ってウネウネって…やらしいな、おい!

久米田先生も絵が可愛いことの利点を生かしまくりですよ。
(久米田先生の絵は好きだけど洗練されたデザイン的な絵って感じだよね)
しかしガンちゃんは相変わらず暴力メガネ。
あんなキャラ、今までの久米田作品には居なかった…。
岡本そあら?名取羽美?
女子が女子をためらいもなく殴る感じは彼女たちとはまた違うと思う。
殴る相手がマリーさんに限定されてる感じが、なんなの、恋なの?

JUGEMテーマ:じょしらく 

じょしらく弐巻(特別版)感想。

じょしらく2巻特別版。

帯が横にずれていてマリーさんの顔が!!
見ての通りとらのあなでお買い上げしました。
(近所にとらはなく、新宿方面勤務の相方についでだからと使い走らせた、と)
マリーさんのメッセージカード付きです。
ゲーマーズではガンちゃんのメッセージカードがもらえるよ!

久米田先生作品でこの手の特典が付くのって初めてですねー。
もえまんがの ちからって すげー(棒)

本当、直前まで特典情報が出なかったなー。
特典が付くなら優先的にそっちを買うけど、
単行本が何冊もだぶるのはできるだけ避けたい人間です。
なのでマリーさんのとら一択。

こういうのの告知こそ、「じょしらく担当Twitter」のお仕事なのではー。
他の漫画家さんはそういう情報はつぶやいてくれてる気がする。
漫画家が自主的に…あれ、ヤスせんせの領域か?


真っ先に特典CDを聞く。聞きながら同梱の壁紙素材などを設定する。
動画コンテスト用のお手本動画『コージーズエンジェル』や、
キャラごとの出囃子MP3、キャラ落語台本pdfなど、
デジタルな特典がこれでもかと詰まっています。

と、いうわけで本編感想ー。(前置き長い)

単行本書き下ろしカットはじょしらくメンバーの私服。1キャラ1ページ。
カラーイラスト用ラフ収録、フキダシ係の読者投稿の発表、
ちょっと自信のなさ気な元ネタ解説なども収録。

濃いです。
読者投稿コーナーは断然充実していて、思い悩まず投稿すればよかったと思いました。

◆キャラ落語CD
声優さんには疎いので初めて名前を聞く声優さんばかりだったけど、よかったです。
脚本が今回も断然よい、それを当たり前だけどしっかり演じられている。
今回は3本とも結構なオタクネタ寄りで。
落語として演じられることを意識したリズム感ある脚本でした。

そのまま聞いても楽しいけれど、元ネタの落語を知っているとさらに楽しいと思います。
アレンジ力が半端ないでずぜ。

久米田先生には明らかに仕事量を負担させすぎだと思います。
面白い面白いと脳天気に言ってていいのか不安になるくらいに。
昨年末の予告なき絶望先生の休載も、これだと仕方ない、本当。

3人分のカレーを5人に出してももう、文句は言われないさ!
変に休載されたり体調崩されたりしてまで漫画を読みたくないです。

実はヤスせんせのほうも10日前後で1本仕上げるハードスケジュールらしい…。
(ソース:担当Twitter)
どちらにもあまり無茶させんな!

↓私が撮影すると銀色の表紙が綺麗に出ないので貼っただけで他意はないです。
 書店特典狙いならまだ間に合うと思いますし。

JUGEMテーマ:じょしらく
評価:
ヤス
講談社
¥ 1,500
(2011-01-07)
コメント:キャラ落語CDの増量など、壱巻よりさらにお得感が増し増しな1冊。

じょしらく【十七日目】『ツリー惨事』

あのタイミングで見開きを使うとは!!

今回は、タイトル通りの「クリスマスツリーで大惨事」という話でした。
マリーさんの特殊能力が光る!(物理的に)

海老蔵ネタも不謹慎でない程度に入っていて満足。
マリーさんはやっぱりいじられキャラだなぁ。


楽屋雀の巣では2巻特別版収録落語の演目紹介が。
大丈夫なのか、そのタイトルで?

そしてついにキャラ扇子の製作決定!
全員サービスかー、嬉しいなぁ。


JUGEMテーマ:じょしらく
 

じょしらく【十六日目】『楽屋調べ』

楽屋の電気代の高さの原因を突き止める話。

ここが怪しい

調べる

電気を使ってはいないみたいだ
(電気以外の事実があらわになるが一人以外気づいていない)

の繰り返し。天丼って奴ですか。
こんなに繰り返すなら15ページになろうとフキダシ係の負担は少ない、と思いたい。
今の久米田先生にとって明らかに負担なんだよね、じょしらく…。

ククルちゃんは常識人。メモメモ。

JUGEMテーマ:じょしらく
 

じょしらく【十五日目】『唐茄子屋楽団』

先月号の感想、いまさらです。
ハロウインまで引っ張ろうと思ったら、何だか忘れていた。

扉絵のガンちゃんがかわいい!
班長ブログで発売前にその一部画像を見たときは心臓を射抜かれたよ。

「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ」がいかに日本的じゃないかという話からどんどん転がる。
大国のエゴだよ、全くです。

軽音部的なものに対しての悪役姿、これはこれでかわいい。

そしてマリーさんがわらしべ長者に。
ころころ流される展開が読めなくて楽しいです。

JUGEMテーマ:じょしらく