スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「ズッコケ中年三人組」を読んで燃え尽きた。

評価:
那須 正幹
ポプラ社
¥ 1,050
(2005-12)
JUGEMテーマ:小説全般

大ヒット児童書の『ズッコケ三人組』シリーズが
2005年に発刊された50作目『ズッコケ三人組の卒業式』で堂々の終結。
で、気づけば執筆を始めてから30年。
順当に主人公たちが年をとれば40代になってる計算。
って事で「もうちょっとだけ続くんじゃよ」的に
40代の3人組を一般書として書いてみたのが今作。
(「書いてみた」とか自分が書いたような物言いでスマン)

小学生の頃からこの三人組のシリーズが大好きでさ。
図書館で借りまくって読み漁って。
例のごとく弟をファンにして新刊が出る度に買わせて読んで。
(弟には親が劇甘だったので望みの本を買う手段として最有効。)
ごく最近のは残念ながら読んでないけどシリーズ中の名作は今も覚えているさ。

この本の三人組は現実的な年のとり方をしててさ。
酒は当たり前、タバコはやめられない、妻子も仕事も捨てられない。
(でも1人酒もタバコも苦手なキャラが…w)
やっぱりこれは『劇画オバQ』並みの鬱作品なのか?
…と思ったら。

小学6年生、ずっとこの時間軸で活躍していた時代に
3回も出会った因縁の敵、正体不明の大強盗『怪盗X』が再び姿を現す。
昔に怪盗を惜しいところまで追い詰めた三人に特別な感情があるのか
驚くような盗みを働きあからさまなご褒美や嫌がらせをしていく。
話の中では怪盗Xは世界的にも有名な強盗だから大騒動!
怪盗Xつながりで三人は再会し、捨てられない家族や仕事と比べて…
いい年して怪盗を追いかけるのも。
警察に任せるべきだろ。
あの時は若かっただけで怪盗Xも油断してただけだ。

でも、怪盗Xは新しい予告状で明らかに3人を挑発してる。
盗むといわれた品は三人にゆかりも深いし美術的価値が高い。
打倒、怪盗X。
立ち上がり協力する三人。
おお、中年三人に小学生時代の輝きが戻った!

それからはもう手に汗握る展開でドキドキハラハラですよ。
最後の1ページまで気が抜けない!
私の要点をつかめてない序盤の説明は要らなかったかもな。

ズッコケ三人組シリーズが好きだったなら読め、ですよ。

このシリーズの毎回のお約束で三人組の
ハチベエ、ハカセ、モーちゃんのさりげないキャラ紹介も
ちゃんと自然文で入ってるからむしろシリーズ知らなくても読める!
でも話の隅々に小学生時代のエピソードがまぎれてるから、
やっぱファンのための本かな。

ちょうど出版されたときは入院中だったから
読む機会を失ったまま数年経ってたけど…。
文句無しに面白かった。
子どもでも読めるよう意識したとのとおり
結構さくさくストーリー物のコミックの単行本のごとく読めました。
(コミックに換算すると8巻分位はあるかも。文字だけの本だもの。)
でも一番重要(革新的)なのは、このシリーズの象徴であった
コミック的な画風の挿絵が一切入ってない事かな。
表紙の中年3人組もシルエットだけ。
だけどそれがいい感じに読者の自由な解釈を広げてくれる。
3人がどう年をとったのか、枠にはめなくて大正解。
これこそ読書のいいところだよねー。

コミック風の挿絵が入る元シリーズも
児童が読書をはじめるきっかけとしては有効だったと思う、です。
だって挿絵の作家さんが亡くなられて、
代理にアニメーターの人が描いてたんだけど
「ハチベエの髪はもっと柔らかいの!」とか
女児の読者に罵られていた位。
コミック風の絵の印象は強い、強すぎる。
それを卒業できたのが今作かも。
まぁ、一般書だしね。

あとがきで「続きは10年後の『ズッコケ熟年3人組で』」
とか書いてるのにけしからん事に1歳づつ年をとった続編が
2冊でているらしいです。
いったん中年にしたらもう戻れないのかなー。
多少切ないながらも「読もう」と思います。
これがきっかけでまた3人組に会えたんだし。

最後に補足。
初代作品から三人組にはどこにも『ズッコケ』らしいところがない。
100%模範的な優等生でもないわけだけど。
これはタイトルの勝ちだと思います。
でも39歳のハチベエちゃんが水商売の女に誘惑されて、
妻子を失いかねない自体になった時は…うーん生々しいけどこれはこれで!
あ、でも小学6年生である三人が好きな児童には読ませちゃいけないかも…。

田舎教師

JUGEMテーマ:読書

このレビュー2度目なんですけど加筆したりして、ね。
田山花袋の「田舎教師」がオススメの本です。
ネット環境があるなら「青空文庫」にて無料で読めます。
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person214.html

上で紹介されてるのは漫画版。
そんなの出てたんだぁ、とびっくり。
活字で読み始めるのを推奨するけどね。

田山花袋なら「少女病」、「蒲団」なんかもオススメ。
高校3年生の時に初めて読んだのですけど、
何とも陰鬱な感じがいいですね。
読むと嫌ーな感じになります。
受験勉強真っ只中で私だけ専門学校に合格して
周りの空気を読むなら浮かれてられない
ということで「田舎教師」を選んだのでした。

で、なぜそんな小説をお勧めするかといえば、
なんと言うか「絶望先生」に近いものを感じるからです。
「絶望先生」はそれを笑いに変えてますが
田山花袋のは見事に欝エンド。
欝エンドまでの過程が心えぐられるようでなかなか面白いんですよ。

主人公は大きな目標があった青年。
だけど配属されたのは田舎の学校。
理想と現実のギャップから青年はゆがみます。

「布団」は小森ちゃん萌え?
「少女病」は時代的に発表していい作品なのか、という。(笑)

のはなし

評価:
伊集院 光
宝島社
¥ 1,260
(2007-09-28)
分かりづらそうだから画像を大きくしてやる!
伊集院光著の「のはなし」って本のレビューです。

携帯電話のメルマガに週3回、5年間描き続けたコラム750本以上のうちから
80篇をセレクト。著者本人も後書きで書いてますが、
本人のセレクトではないのでどう選ばれたかは不明だそうです。

しかし面白い、凄く面白い。しかも読みやすい。
収録形式が辞書風に「あ」から「ん」まで50音順に並んでいるのですよ。
気になって「ん」で始まる話から読み始めましたが問題なし。

しかしいきなり「あそこが痒い」話から始まりますから(笑)
恥ずかしくて立ち読みできないだろ、買えよ!みたいな挑発が見られます。
さすがに毎回書いてるとテーマが思い浮かばなくなるらしく
メルマガ読者から募集していたそうです。

「とにかく7文字以内で!」で毎回100通以上テーマが集ったとか。
そこから自由に選べば楽勝…とはいえ750回も400文字〜1000文字までの
文章を毎回考え付ける伊集院さんは凄いですよ。
ネタ切れは決して起こさない凄さ。さすがしゃべりのプロ。

そのどれもが面白いとか尋常じゃないです。
特に面白いのを選んだのかもですがそれでもすごいでしょ。
この本は発売前の待遇があまりにひどくて本当に発売されるの?
って感じだったのでファンの間で「売り上げを伸ばそうぜ」って話題に上がり
相方もそれにのっとり買ってきたわけです。
…私は買わなかったのかって?
私も欲しいけど一家に2冊は売り上げが伸びようとちょっと困ります。

で、相方が読み終わってから通院があったので電車とか待ち時間で
読めるかな…と持っていったのですがきれいに読めました。
まさか半日で読破するとは!
通院までの距離とか待ち時間が長いんですが。

読みふけってしまい電車の乗り継ぎ駅を通過する事2回。
さらに読んでたら「この文章を読んでいて乗り越しのないように」という文章。
あー、もう手遅れ。
50音順とはいえ最初の方にそのテーマを置いて欲しかったなー。
あれか、わざとなのか?
乗り越した人においうちをかける戦法?

残された600篇以上のコラムも絶対面白いはずなので
続編希望です。

本 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 本「読書の秋!あなたのオススメの一冊を教えてください。」

オススメするのは田山花袋の「田舎教師」、これだ!
ネット環境があるなら「青空文庫」にて無料で読めます。
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person214.html
「少女病」、「蒲団」なんかもオススメ。
高校3年生の時に初めて読んだのですけど、
何とも陰鬱な感じがいいですね。
読むと嫌ーな感じになります。
それを何でオススメするのかって?
なんと言うか「絶望先生」に近いものを感じるからです。
「絶望先生」はそれを笑いに変えてますが
田山花袋のは見事に欝エンド。
欝エンドまでの過程が心えぐられるようでなかなか面白いんですよ。

アストロ!乙女塾! (集英社スーパーダッシュ文庫)

BlogPet 今日のテーマ ライトノベル「ライトノベルを読んだことはありますか? 読んだことがある方は好きな作品を教えてください。」

非モテオタク男子が女装して女子校の生徒になりすますお話。
なぜかモテモテになって、なぜか事件に巻き込まれます。
本田透のオタクならではのネタの仕込みが秀逸です。
挿絵も可愛く「こんな可愛い子が女の子な訳じゃない
と声を大にして叫びたいです。

本質はギャグ小説だと思うんですがどうでしょう。
文庫本サイズなのに2段組、ネタ解説イラストとか
コラム状になってるヲタネタとか情報量はとても多いです。
それでも飽きさせず読めるのがいいですな。
綾崎ハーマイオニー萌えの人とか良いかもですよ?

このシリーズは4冊出てます。
・アストロ!乙女塾!
・アストロ!乙女塾!―僕は生徒会長に恋をする
・星のプリンキピア〈上〉―アストロ!乙女塾!
・星のプリンキピア〈下〉―アストロ!乙女塾!

本田透の著作はまだあるけど、ラノベならとりあえずこれ読んどけって。
しかし、プリンピキア下巻で続編を出すような事を書いてたのに
今は別のもの書いてるんだよなぁ…
完結してないとかじゃないので いいのですが。

あやしい探検隊バリ島横恋慕

評価:
椎名 誠
山と渓谷社
¥ 1,470
(1998-10)
図書館に行って借りたのはいいけど図書館内で全部読んでしまったから即返却〜。
相方が2度目に借りた本をどーしても読み終えたい…ってのに付き合ったんだけど。
んにゃ、こーいう旅行記はさくっと読むに限るねー。
てか、また10年近く昔の本を…読みたくても時間が無い時期があったという事で。

本の内容は…
「わしらあやしい探検隊」シリーズの続きだと思ってもらえればー。
基本的におっさんたちが飲み語りつつ旅をすると言う…。
バリ島なら「探検」って程でもないだろと思っていたけど
「神の山」に挑んで登頂したり、ゴムボートで川を下ったり
最高級リゾートホテルから○○まで…なかなかがんばってくれてるではないか。

ケチャに洗脳されたのには共感。
この本の書かれるちょっと前に修学旅行でバリ島に
行った事があるのですがあのリズムは洗脳されるw
あと、実におっさん的だなと思ったのが
「バリの女性は美しい」とさんざん褒めること。
女性だけじゃなくて人間全体が輝いてるんだと思うよー。
「あやしい探検隊」が今回お世話になったのは
日本人妻を持つ人で…ほら、男性にもオーラがある。

普通の旅行ガイドに書いてないことが多いね。
観光地じゃないところまでどかどか入り込むし。
でも本の内容は良くも悪くもいつものシリーズなので…。
原稿が書けるように旅行中の会話を度々録音してたと言う配慮を
会話をそのまま文章に書き起こすのってどうかなー。
臨場感があって無駄に編集するより良かったと思うけどね。

沢野画伯の絵がカラーでたっぷり載ってるし、写真も多いので
バリ島へ旅行に行った気分になれるかもやう!
画伯の絵はきちんとあの土地の色だしシーナ氏の
モノクロ写真からも不思議とあの色が見えるんだ。

文庫版も出てまっす。