スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

モノクロ原稿の描き方2。

完成図。
「コミックスタジオ」でトーンを貼って完成です。
…あれ、描き方の説明になってないぞ?

拡大。
全体を見るとトーンじゃなくてグレースケールに見えるので
拡大図です。5%から60%までのトーンを重ね貼りしています。
トーンの貼り方は選択範囲で囲んで流し込むのが簡単ですが
今回の絵は線のつなぎがきっちりしてなかったらしく
トーンがあふれ出すのでマジックツールでちまちま
塗るように貼りました。(デジタルの弱点かも)
肌の一番薄い部分が5%で髪の毛の影が60%。
あと10%、15%、20%、25%、30%、40%のトーンレイヤーが
重なっています。

そうそう、点々の密度は60Lに統一しました。
そのあたりの密度が印刷に最適だと思うので。
(20L位になると点々が少なくなります。80L位だと細かくて印刷に出るかな?という)
重ねてもモアレが出来ないから安心して重ね貼りが出来ます。
貼るといってもほとんど塗る感じです。
アナログのスクリーントーンは60Lの20%をよく消費したなぁ…。
肌の影とかでベーシックな柄としては人気の品番なんですよ。
あと、背景に桜のトーンを。
トーンの在庫を気にせず貼りまくれるのでデジタルは便利です。
背景も数種類貼ってみて納得いくものを選べたし。

…描き方の説明になってるかな?
もっと途中経過のスクリーンショットを撮っておくべきでした。
私は現在もっぱらデジタルで同人原稿も描いてますが
漫画とか描く人にはやっぱりアナログから入ってほしいかな、と思います。
インクのにおい、トーンの削りカス、乾かないと消しゴム入れられない原稿…。
「ぱふ」10月号で久米田せんせが言ってたのはそのあたりの手作り感じゃないかと。
デジタルで頑張ってもやっぱり下書きと仕上がりは紙で確認したいですし。
てか、紙に印刷しないと結果は分かり辛いですね…。
こなしていくうちに「このトーンの濃度がこの位」とか分かってきますけど。

スポンサーサイト

コメント

はじめまして。朝目新聞から来ました。ズゴックと申しま…あれ?w

マ太郎が載ってましたね。

というか、もう単行本ネタの絵ですか。仕事が早い早い。しかしあの萌えイラストは一体誰が描いたのでしょう…。

トラックバック
この記事のトラックバックURL