スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

フォトショで色を塗ってみよう

碧のドラゴン
さて、仕上がったCGですが。
今回はこの塗り方について説明します。
相方の助言も参考にしました。
自分のやり方と融合してきたと思います。

で、この段階のレイヤーはこんな感じ。
最後の段階のレイヤー
パーツ毎にレイヤーを分けることを心がけました。
レイヤーとはセル画みたいなもので背景が透けるものです。
今回はそれを利用しています。
鉛筆書きを取り込んだ線画のレイヤーだけ「乗算モード」です。
まずは肌を。
肌の色を肌レイヤーに塗ります。
きっちりと同じ色でのベタ塗りです。
色を濃くしてるのははみ出しがすぐ解る様に。

水着レイヤー。赤文字重要。
水着レイヤーを塗ります。
肌レイヤーを非表示にしていますが
肌レイヤーの方が上なのではみ出してる部分は隠れます。

色を塗ってない部分、セル画でいう透明部分を
保護するようにチェックボックスをオンに。
これが重要で、最初にパーツだけ塗りつぶしておけば
どんな塗りをしても、はみ出すことなく塗れます。

髪の毛&水着レイヤー
髪の毛も別レイヤーで塗ります。
相変わらず肌レイヤーは非表示で。
レイヤーの重ね順を見てください。
髪の毛レイヤーが下だから水着部分に髪の色が入ってないでしょ?

当然全パーツのレイヤーに「透明部分を保護」にチェック。
これで各パーツを好きに塗れるようになりました。
塗り方はブラシツールの透明度を下げて水彩風に。

300dpiで作成して横幅が1800ピクセルくらいある画像なんですが
このままだとホームページに載せられないので
サイズの変更を行います。
それで完成ですよー。
文字入れはまあテキトーに、ね?

スポンサーサイト

コメント

低スペックなPCでレイヤーを複数使っていたら
途中で固まってデータが消去したことがあります。

複数使うにはメモリが沢山ないとキツイですよねー

  • はね
  • 2007/08/21 00:17

>はねさん
確かに。
私も今までは線画と塗りの2つのレイヤーが基本でしたよ。
本当によく固まっていたので。

こないだメモリ増設したからなぁ。
増設分だけ元を取らないとって感じで塗りました。

線画レイヤーを一番上にもって来るんですか!
ほほーなるほどー(・∀・)

一度塗りきってから透明部分を保護にすれば、ハイライトとか入れやすくなるんですね…ふむふむ

私はいちいち選択範囲で行ってましたよ。参考にしますw

  • Cackt
  • 2007/08/21 09:18

>Cacktさん
今までは線画が一番下(背景以外)だったんですが
このやり方はいいですよ。
乗算を線画レイヤーでしか使わないので
そう重くならないのです(乗算使いまくると重いそうだ)

選択範囲で塗るのは私もやりますが、
今回は鉛筆の線画で一括選択しにくかったと言うことで。

トラックバック
この記事のトラックバックURL