スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「皇帝ペンギン」とお箸。

評価:
リュック・ジャケ,ドキュメンタリー映画
ジェネオン エンタテインメント
¥ 1,974
(2005-12-16)
後日レビューを書くとは言っておいたものの、書くことないなぁ(爆
そんな感じの「皇帝ペンギン」なんですがジャンルってドキュメンタリーだったのか?

気温マイナス40度の南極の世界で…
皇帝ペンギンが海から上がって遠い故郷へ旅立ち、集い、愛を語り、
卵を抱いて、雛を育て、雛が巣立つまで、だから記録映画には違いないでしょうけど…。
メスペンギン役とオスペンギン役にそれぞれ声優さんがついているのね。
だから皇帝ペンギンが語りかけるように話が展開します。
で、雛がかえると第3の子ども声優が。ボクっ子属性ですw

皇帝ペンギンは20日かけて故郷の氷の大地にたどり着く。なぜそこまでして?
天敵が少ないし、夏でも氷が解けない場所だから子育てに最適って事で。
くちばしを重ね合い愛は語るが交尾シーンはカットされているのね…ちっ。
どーやってするのか素朴な疑問だったのに無視ですかー!(コラコラ
この映画の評価を★一つ下げちゃう位に私にとっては期待していたシーンなのにー。

…まぁ、何か行為があったからだろう、卵が生まれます。
卵は上手に足の上…おなかの下の体毛で包まないと凍っちゃう。
メスが卵を一旦オスに託すんですが…あーあ、上手く足の上に
乗っけられなくて急速冷凍された卵にヒビが入っちゃいました。
大丈夫かな、これ。こんなに早くヒビが入るって事は
カメラマンが付きっ切りで卵を抱けないカップルペンギンに付いてたって事。
命を見殺しにする勇気も必要ですかそうですか。

で、オスに卵を託したメスはまた二十日かけて海に行きますよー。
メスが海で久しぶりの魚にありついて喜んでいる所で卵がかえります。
皇帝ペンギン視点からすればアザラシも天敵です。
川に上がってきたからと神輿に乗せてる場合じゃないのです。あ、食われた。
オスの皇帝ペンギンもメスが帰ってこなければ雛を犠牲にして
自分も海にエサをとりにいく心意気…と思ったら喉の奥からえさを搾り出して雛に…!
自分も何も食べてないのにえらいです。よく痩せないなぁ。
あの姿で既に痩せてるのか?

ようやくメスが帰ってきます。選手交代。今度はメスが雛を抱きます。
オスはエサの為にまた二十日かけて海に行きます…なかなか効率の悪い子育てだ。
でも、皇帝ペンギンは昔からそうやって来たんだよね…。
南極が氷に包まれる以前からいた生物の1つで最後まで居残った生物の1つでもある…。
雛はまだか弱いので外出厳禁です。メスのおなかの毛に包まって育ちます。

そうこうしてる内に雛も外にでれる位大きくってきます。よく育つね。
途中、空飛ぶ鳥に襲われる雛も出てきます。
本当はもっと犠牲があるんだろうな…。
オスが帰ってきたー。はいまた交代。メスは腹を満たしに海へ。
で、オスもまた海へ…取り残された雛はもう結構大人っぽい。
そして雛達も何かを悟ったかのように海の方角へ行進。
産卵は真冬だったけどもう夏なので産卵場の近くまで氷が解けて海が近づいている。
本能のおもむくまま海へとダイブする雛達…でこの映画は終わります。

ただのドキュメンタリーじゃなくて声優さんが語りかけるように
進行するから感情移入しやすいのね。
フランス映画なのに主題歌はなぜか英語でした…what?

あと、映像は自然の美…といいたいんだけどDVDの画質にしては荒い…。
大きなマイナス要素ではないんだけど真っ白い流氷が写ると特に目立つ。
多分あんな長期間の撮影で最高の撮影環境に保つ事が出来なかったのでは。
タイトルやスタッフロールの画質はキレイだからDVD自体の問題じゃない。

80分程度と映画にしては短めだし未見の人にはオススメしたい。
文部科学省の特別選定映画ですよ。お子様にも当然オススメ。
動物ものTV番組にある感動ものが好きな人ならなおさら。
同じ内容でも日本のTV会社に編集されたら別物だったかも。
やっぱりここはフランス映画のセンスの勝利なのか?

…書くことないって言いながら結構書いてるし。
________________
夕食に野菜炒めを作っていたら「菜箸」を1本だけ台所の脇の溝に落とした…。
一体化構造の台所なので動かすことも出来ません…だったらなんで溝があるんだ。
以前も1本だけ菜箸がその溝に飲み込まれたことがあります…
人が一生懸命料理してるのを小ばかにしてるようで軽くムカつく。
実際、菜箸には救出方法が無くて新たに買うしかないってのがもう。

スポンサーサイト

コメント

私は2年前(?)に映画館で立ち見しましたよw
嫁さんの好みだろうと思って誘ったら割引券もって連いてきました。

水中のシーンなんかは圧巻ですよね。
よちよち歩きの地上から、急に戦闘機みたいになりますから。

余談ですが、サントラもすごくよいですよw
主題歌i-Podに入ってますw

「皇帝ペンギン」は無料テレビGyaOで見ました〜

なぜペンギンは人気があるのか…
それは、あのずんぐりとした体系にある!!
と自分では思っていますw

  • はね
  • 2007/03/04 22:00

>Cacktさん
おう、見ましたか。
奴らは水中では水を得た魚ですよね。鳥ですけど。
水中で滑空してる感じがカッコいいですな。
よちよち歩きとのギャップに見惚れてしまいした。

サントラかぁ。
確かに曲も良かったですね。
日記に書き漏らしてる事ばかりだ…。

>はねさん
うは、GyaOでやってたのですね。
そういえば協賛がUSENだったなぁ。
で、はねさんも見たのですね。

ずんぐりとした体型、確かに可愛いです。
子皇帝ペンギンの可愛さも尋常じゃないですわ。

う・・・観てない。。(汗
CMかTVの映画紹介みたいなのでワンシーンぐらいは
観たかと思うんだけど、今度ちゃんと観てみますね。
うろペンの元ネタだしねw

「もうペンギンにはこりごりでござる!(by絶望先生)」

  • 糸色叫
  • 2007/03/05 08:04

今夜は焼き鳥を食べようと思います

  • 来世
  • 2007/03/05 11:10

>糸色叫さん
うろペンは全然うろおえじゃないですよー。
本当にあのまんまでの顔で可愛らしいです。
泣き声も愛らしくて保護欲を誘います。
でも体の色はうろペンの通りじゃないです。

踊るうろペン映画「ハッピー・フィート」は未見だけど
「皇帝ペンギン」で予備知識を入れといた方がいいと思います。

>来世さん
食欲出たのかな。よかったですねー。

トラックバック
  • -
  • - -
  • 2007/04/09 5:22 PM
この記事のトラックバックURL