スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

最近見たアニメ映画3本の感想。(ネタばれ)

ずっと体調が悪いし絵が描けないしうにゃ〜!!
と悶々としつつも、週に一度は映画を見ていました。
では見た順に感想。

◆プリキュアオールスターズNEW STAGE2こころのともだち
見やすいし、スッキリと短い。
ちびっ子が飽きないような工夫(ミラクルライト)のシーンが
今回は3回も。
いじめがテーマなのだけど、そこは妖精学校を舞台にして
重くない演出。
悪い人を懲らしめたり責めたりしないのが
プリキュアのいいところだね。
悪役からプリキュアになった2人には説得力あるよ。

初代はやっぱり肉弾戦で魅せてくれるし、
ハートキャッチのえりかさんがなぜか目立ってたり。
個人的に嬉しいこといっぱい。

◆映画ドラえもんのび太のひみつ道具美術館
私はダメな感じの方の原作ファンなので、
初代どこでもドアだとか、ぶっちゃけひみつ道具という呼称も、
原作に無い表現とか見るとむっとくるのですが、
(全くダメなオタクだよね…)
むしろ原作ファンゆえに没入する映画でした。

モブ道具が濃い!
原作にある道具の出番のほうが圧倒的に多かったので、
細かいところまで見すぎて疲れるくらい。

ただ、謎解きのミスリードと、
話の終着点の見えづらさと、
回想多すぎなのは…余計見ていて疲れる原因だったかも。

ちびっ子も途中飽きてきてた感じがした。
ドラ映画は年の離れた弟を何年も連れて一緒に見たけれど、
小さい子には30分で飽きるものなんだよねー。
そういう点では、伝統。
大人の鑑賞にも耐えうる、と書けばポジティブ。

それはそうと、新ドラ映画のゲストキャラは皆かわいいよね!
のび太くんの謎のバンクシーンにも萌えましたが。
シャーロック・ホームズセットは原作にも出ましたが、
赤色にしたことで映画として花があるよね。

後日、観客動員数1億人のARを見ました。
やはり、昔のアニメドラは絵が違うなーと。
最近DVD借りてきて延々映画ドラ見てるけどね。

◆シュガー・ラッシュ
いい席取れるまで時間がかかったので、一番後回しになった本作。
人気があるだけあって、いい映画でした。
まず、最終目的がはっきりしている。
そしてハプニングを起こす、事件解決に向けて動く、
最終目的に到達。
伏線もきちんと回収するので見終わってスッキリ。
飽きさせない。
流石にディズニーの脚本だけあって出来がいい。

無駄に豪華にゲームキャラが脇役。
そしてパックマン優遇気味。
クッパに炎を吐かせるためだけ、居させるために
使用許可をもらったのだと思うとニヤける。
エンディングのファミコン風映像もいいよね。

レースゲーム「シュガー・ラッシュ」は、
やはりマリオカートをモデルにしてるのだと思ったけど、
最近見たばかりなので、gdgd妖精sのカート回を思い出す。

ディズニーのゲームサイトで遊べるゲームの中でも
フィックス・イット・フェリックスは一番単調でした。
窓ガラスを壊したり直したりで、よく30年もったなー。

でも、とにかく話作りがうまい。
2D作画時代のディズニーは絵柄がが苦手で見てなかったけど
もったいなかったかなー。でも仕方ない。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


スポンサーサイト

コメント

お久しぶりでランス

最近アニメ映画が多くて大変ですよね

私は映画は映画館で見る派なので
最近は毎週映画館に通っている気がします

ちなみに
ヤマトも映画館で見ると3倍面白いです(^^:

>シュガー・ラッシュ
自分の掲示板にも描きましたけど
著作権に五月蝿いディズニーが嫌いなこともあって(爆
アメリカさんのCGアニメを見るのは
実はシュレックの1作目以来だったりしたのですが
おっさんホイホイなところは抜きにしても
悔しいことに面白かったです

別に大した話ではないんですけど
上映時間も短目で丁度良くて
無駄がなくてダレないんですよね

見せ場はちゃんと
スクリーンに引き込まれるように作ってあるし

メインキャストが全員プロの声優だったこともあったと思いますが
おかげで気が散ることもなく最後まで全く飽きませんでした

でも
ぶっちゃけて言えば
スマッシュブラザーズなんですから(笑)
ディズニーに作らせずに
本来は任天堂が東宝あたりと組んで作るべき作品なんですよね
ラルフはドンキーコング若しくはワリオで
フェリックスはルイージで良い気がしますし

でも
任天堂ってゲーム一筋で
メディアミックスについてみサンリオあたりより遥かに硬いから
そういうのことを望むのは無理なんでしょうね
(ポケモンは別会社ですし)

PS
映画だったらドラゴンボールはオススメですよ
何も考えずに見られるという点では
シュガー・ラッシュ以上かもしれません

トラックバック
この記事のトラックバックURL