スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

さよなら絶望先生【299話】『絶望の組の幸福な少女たち』

さよなら絶望先生 音無芽留 双寿支院十機芽空童女
出会ってはいけない二つの魂が。(寝落ちしたので荒い出来の絵。)

クソヒゲハットの「ありがとうめるめる」ってそういう…。

ひっくりかえしやがった!
昨日のマガジンの超展開再びに、
何度も何度も何度も何度も読み返し、
結局疲れて寝落ちしてしまいました。先週もそうだった。

木曜日だし、バレもいいやと今回は畳まず行く。
ただ、私の薄っぺらな感想をマガジン読破前に
読むことは避けたほうがいい。
今週のはさすがに自分で本誌を追ってね、と言いたい。

絶妙な展開を殺しそうな文章の下手さに泣きそうになる。
「読んで、とにかく本誌を!自分の口からは語れない」
昨日の相方からの本誌を読んだ第一報もそんなでした。

でも感想ブログなんで書く。

◆吉報です。
予想は当たった!
絶望少女は生きていた!前回の記事書いといて良かった!

望さんの後を追ってショックを受ける
交くんの後に、絶望少女達が現れます。
白いワンピース姿で。
前回の「連絡してくださいよ」の流れは何だったのか!
というくらいすぐの登場にびっくり!

彼女たちはたまゆら…じゃなくてかんなぎみたいなもの。
えっと、正確には「依り代(よりしろ)」です。
死者が未練があった学園生活を代わりに演じていた、と。

まといちゃんと霧ちゃんがぶち抜きで嬉しい。
先週もそうだったけど、私服が少ないキャラへの優遇か。

依り代をするには必然があったと。
死にたい魂と行きたい霊。
絶望少女達は全員が自殺未遂者だからこそ、
生きたかった霊への供養ができる。

生きたかった昭和の霊のために。
暦も昭和で続けていって。

となると、羽根が舞っているほう(ヒロシ)が
(死んでいるけど)生きたい魂になるわけで。
29集表紙にも、297話の1年前の奈美(可符香)
の周りにも羽根が舞っています。
つまり、多分そういうこと。

最終ページの編集のアオリ文が迂闊だった。
いつもは比較的うまいこと書くのに。
可符香さんだけじゃないだろ!
千里さんもいないだろ!!!!

千里さんいないよね?その他諸々については
ヤマカムさんが毎度鋭い考察をしています。
http://yamakamu.com/archives/3434549.html
今更言うと、改蔵連載中からヤマカムさんの久米田漫画記事は見てた。
毎回視点が素敵なんだ。

絶望少女達は年齢出身バラバラというのが気になります。
20歳超えでセーラー服着ていた絶望少女もいるのだろう。
マ太郎とめるめるは高校生に達していないのかもしれない。
ぐるぐるまんがではなく、留年漫画ですものね。
魂を供養できずに、次のステップの「3のへ」に
なかなか移行できなかったとかなのかもね。

次号、可符香回収か。


◆最終回オフ会やるよー。とうっすら告知し始める。
オフ会告知ページは最終回一週間前に完成させますが、

最終回の日に小石川区(音羽)で絶望先生を語りましょう!的な。

http://uten.sunnyday.jp/text/eve1.htm
だいたい改蔵最終回オフと同じノリです。
ただ、語りたい欲が強いので、時間を早めるか、酒入りにするか
考えどころ。
オフ会メンバーも事前にしっかり把握したほうがいいかもだし。
おふ〜掲示板(避難所)
参加希望者や、良いアイデアなど、書き込みたい方は
こちらの掲示板などをどうぞ。

スポンサーサイト

コメント

久米田作品って、作者も読者も成長する作品なんだなあと改めて思ったです。考察サイト、上には上が
いるもんだ。

  • にんクン。
  • 2012/05/31 22:59

毎週がどんでん返しですね

てゆうか
久米田師はネットの反応を見て
毎号裏をかく展開を考えているんじゃねーか
って思ってしまいます(^^;

という訳で
可符香の正体についてまた色々考えたのですが(笑)
予想は止めておきます

>可符香さんだけじゃないだろ!
>千里さんもいないだろ!!!!
マ太郎もいないゾ

>絶望少女は生きていた!
ただ…
ここは私らしくドライな意見を書かせて頂きましょうm(__)m

あびるを含めみんなが
卒業寸前まで自分達が依り代であることの自覚がなかったことを考慮すると
絶望少女達の人格は依り代さん達のものではなく
あくまで憑依した霊たちの人格だと思うのです

依り代ろ霧が登校拒否だったように
似たような性格の人物を依り代に選んだ可能性は高いですが
それでも絶望少女達は自殺するような性格の娘さんたちではありませんし…

そう!
島に現われた少女達は
私たちの愛した絶望少女達ではなく
あくまで毒のない依り代少女達だったのではないでしょうか

それを裏付けるのが
最終ページの「さよなら絶望少女達」という一文です

うん
僕たちは絶望少女達とさよならしたのです

なので私は
やはり絶望少女達は成仏したのだと思っています(今のところ)

それと
「絶望少女達」と言うフレーズが
本編に登場したのは今回が初めてではないでしょうか

「絶望少女達」はアニソン用のユニット名であって
てっきり本編では使わないものだと思っていました
久米田師がフィナーレまで温存していたのでしょうか

…てゆうか、久藤達の立場は(^^;

>20歳超えでセーラー服着ていた絶望少女もいるのだろう
大草さんはきっと中の人の年齢と一緒ですよ!

え゛、十七歳ですか? そ、そうですね(爆)

煽っていてなんですが最終回オフの参加は難しいです
申し訳ありませんです
…って、最終回の前にじょしらくが挟まって
最終回の日が変わるるってオチは無いですよね(笑)

前回そして今回、もう誰がこの展開を予想できたというんでしょうね…皆考察するから久米田先生も色々考えてきたんでしょうかね…誰も予想し得ない斜め上すぎるオチを。
生きたかったにも関わらず亡くなってしまった少女、そして死にたかったにも関わらず生き長らえてしまった少女…仮初めの学園生活を共に送ることで未練ある死者は満たされ成仏し、一方自殺未遂の少女達は生きる希望を取り戻す…こういった所でしょうか。
しかし可符香についてはますます謎が深まったような…先生にしてもあびるちゃんにしても、どちらも可符香が助ける側なのかな…。
絶望少女と可符香は何故一体のような関係になっているのかもまだ分かりませんし…。
もう最終回を待ちます(^^;

オフ会行ってみたい気も…考えておいてもいいですかねw

  • 糸色な〜みん
  • 2012/06/01 04:01

なんとか先ほど立ち読みできたのでネタバレセーフ。

>20歳超えでセーラー服着ていた絶望少女もいるのだろう
ん? 7年前からだから・・・・むしろ11歳のセーラー服とか犯罪ですか?

ところで後2話でキタ姉がどうからんでくるのやら。

最終回おふ、変な出張がなければ無理やりにでも参加希望。けどまだ当日の所在地不明なので向こうには書き込みませぬ。

そうそう、夏コミ受かりやした。
土曜日 東地区“Q”ブロック−42a だそうです

  • H-YAN
  • 2012/06/01 19:29

>にんクン。さん
上には上が。
というか、ここはただの感想掲示板の名残ですし。

>昨日さん
どんどんひっくり返すよ!

>マ太郎もいないゾ
ことのんもいないよ
丸井ちゃんもいないよ
男子もいないよ

絶望少女達、というフレーズは確かに本編では初めてですね。
ドラえもんの「ひみつ道具」という言葉をなぜか思い出します。

大草さんは17歳ですよ!(おいおい!

不参加、悲しいながらも了承です。

>糸色な〜みんさん
可符香の関係がまだ謎ですね。
最終回まで待つしか無い!

オフ会、期待しておきます。

>H-YANさん
11歳のセーラー服はご褒美です。
…ちよちゃん?

キタ姉むご遺族の方々、あるいは依り代の親族方、
どういうことなのか、出番はあるのか…。

夏コミ!
近いですねぇ。改蔵Searchも更新しときますか。

  • あおがえる。
  • 2012/06/11 23:03
トラックバック
この記事のトラックバックURL