スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

さよなら絶望先生【275話】『一割の労苦』

さよなら絶望先生 小森霧
プログラムが9割できたという小森ちゃん。
情報漏えいとか危ないから、実際のところは在宅プログラマとかどうなんだろうか。
うん、ちょっとつり目に描きすぎた。

9割できてから、残り1割の労力に9割の力を使う話。
100%の完成度には180%の労力がかかるらしい。という。

例として出たネタ、だいたい割と分かるのですが、
信長の野望は納得行かない。
あれは90%まで天下統一しちゃうと残り10%は加速度がかかるじゃない。
終盤の終盤は年貢を倍せしめても、文句を言われない勢いで。
親がプレイしてたのをちょくちょく観てただけだけど、とても90対90じゃない印象。
PCからファミコンからGBから、いろんなハードで出てる人気作なので、全部に責任持てないけど。

それ以外だったら、本当残り1割が90%の労力だよね、と。
スケジュール管理は、そこに気を付けなければ!

90%の完成度なら2つできる、という発想は目からウロコ。
高速鉄道とか、テレビとか、
本当に日常に潜んでる法則だ。

サグラダ・ファミリア教会は本当に完成度を高めてるのだね。

90%の戸愚呂兄なら何体存在し得るのだろう…。
ネームという完成度なら、余力で何ができるだろう…。

JUGEMテーマ:さよなら絶望先生


スポンサーサイト

コメント

コロネさんからみたうちらの人生って何%なんだろ

  • 2011/09/26 07:52

>くーちゃん
お猫さまより完成度低い人生だから長生きできちゃうとか言うなー!
(いってない)

  • あおがえる。
  • 2011/09/26 10:25
トラックバック
この記事のトラックバックURL