スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

さよなら絶望先生【268話】『ペイの拡充』

さよなら絶望先生 日塔奈美
アイス食べるのチョー楽しい!
…引っかかって、いいのか?
最近の奈美ちゃん、耳が出てるんですよね。
望さんも。

今回のテーマは「お金を払って仕事させてもらう」という現象。
ペンキを塗らせてもらう代わりにアイスを差し出す奈美ちゃん、だまされてますよ。

でも、お金を払って仕事する現実もあったりするもの。

経済が、逆流し始めます。
漫画家は、お金を払って載せてもらい。
編集は、お金を払って編集し。
読み手は、お金を貰って雑誌を読む。

でも、そんな世界でうまくいくわけがない。
漫画読みの藤吉さんは、部屋に漫画と紙幣がどんどんたまって住みにくくなり。
労働をしないと紙幣を消化できない。

とんでもない、デフレ(?)状態。

おかしな世界だけど、今の世界とそんなに根本は変わらないんじゃないかな。
編集のアオリ文が最近は秀逸に思います。

JUGEMテーマ:さよなら絶望先生


スポンサーサイト

コメント

ドラえもんのもしもボックスを使った
「お金のいらない世界」と同じ紙幣の使われ方をした回でした。

一時的にこういう貨幣経済にすれば国の赤字国債も一気に解消!
これで勝つる!
↑この文法って九州北部にあるんですけど、方言が元ネタなんですかねえ?

  • にんクン。
  • 2011/07/21 23:16

いつから主人公を持ち回りでヤるようになったんですかね?

  • 2011/07/22 02:29

>にんクン。さん
『お金のいらない世界』
既読感があると思ったらドラえもんの話が先かー。
というか、結構そのまんまだった印象。

方言が元ネタかもー。
思い出したところでは、
「〜じゃん」ってのも方言なのに一時期流行ったし。

>くさん
単行本を読み返す作業に戻るんだ!

  • あおがえる。
  • 2011/07/22 13:58
トラックバック
この記事のトラックバックURL