スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『イニシエーション・ラブ』ブックレビュー

評価:
乾 くるみ
文藝春秋
¥ 600
(2007-04)
コメント:ラブストーリーだがミステリーだ!

マユと出会った僕は恋に落ち・・・

凡庸なラブストーリー、だけどミステリー。
ラスト2行で壮絶などんでん返し。
最後まで読んでしまうと、物語が全く違う意味を持つ。
小説という媒体でしか成し得ないトリックだと思います。

80年代は、みんなこんなバブルな恋してたのかね、
という、本当に読み口は恋愛小説だったのですよ。
本当、ぼんやり読んでると、ありきたりの恋愛小説に見えちゃう。
当時のあるあるネタなのかな、っ感じで。

ネタバレだけはしたくない、すごく言いたいことはあるけど!



感想を書いてない、読んだ本がわんさかあるのですが、
それらを差し置いてのブックレビューです。
この本だけは読み終わったらすぐ書きたい!ということで。
『イニシエーション・ラブ』には新鮮な感動を覚えた!


JUGEMテーマ:読書


スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL