スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

さよなら絶望先生【267話】『節電中の日本より』

さよなら絶望先生 加賀愛
節笑(せつわらい)でも笑っちゃう、嫌われたくないから!
加賀ちゃん、加賀ちゃん、オー!!!

今回は、笑いは節電に良くないから禁止された、という話。
そんなの、節笑ファシズムだよう!

『(笑)消去ウイルス』など、懐かしいネタが復活。
(笑)をつければ大丈夫だと、
改蔵WEBラジオのコーナーにも採用されましたが、
今の時代、どうなんだろうねー。

一旧さんの登場はうれしい!半笑いも禁止とな!
作為的に口角を上げるあれは…爆発してもいいよね。
可符香ちゃんの嬉しそうな顔!

そしてやっぱり、加賀ちゃんでしょう!
加賀ちゃんの破壊力のあるシーンがトリ。
買ってきたマガジンが、光の速さで『絶望先生』の
部分だけ切り抜かれましたとさ。

JUGEMテーマ:さよなら絶望先生


スポンサーサイト

コメント

加賀ちゃんの満面の笑みが節電ファッショで殺伐とした日本にオアシスをくれました。
以前の話を作っても作ってもネタがかぶる怪談話と似てしまいますが、次に首相が何を思いつくかを戦々恐々とする夏もまた恐いっ!

  • にんクン。
  • 2011/07/14 23:52

>にんクン。さん
笑いが不謹慎、という時期もありましたものねー。
節電もキリキリしていますし。

首相がどんどん思いつく、やっぱり怖いです。
それをネタにできる絶望先生は強い!

  • あおがえる。
  • 2011/07/15 09:29
トラックバック
この記事のトラックバックURL