スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『きのう何食べた?』ブックレビュー

評価:
よしなが ふみ
講談社
¥ 590
(2007-11-22)
コメント:料理をモクモク作る漫画。 日常を面白く描ける漫画家さんは最強だなぁ。

 あらすじ:40代のゲイのカップルが日常をこなしながら黙々と夕食を作る日々。

この設定で引かないで。
いわゆるBL(ボーイズラブ)というジャンルとはちょっと読み味が違う。
男同士でベタベタイチャイチャ、という描写はなし。

職場での悩み、トラブル、実家との確執などがあって、
家に帰り黙々と料理を作るうちに、ちょっと心がリセットされる。
毎話そんな感じ。

本当に黙々と料理を作っていきます。
毎回2人暮らしに最適な実用的なレシピばかり。
おかずの品数を多く作る理由も、健康のため、という。

グルメ漫画にありがちな説明ゼリフも無し。
というか、声に出して言わない。
ほぼ全部、「心の声」で調理内容が読者に分かる仕組み。
個人宅のキッチンで「ここで黒胡椒を引いて…」とか、
声に出して長々しゃべるのも違和感があるので、ここがリアリティのもとかな、と。
(『花のズボラ飯』という漫画では主婦が一人で調理実況してますが。)

調理時のシーンは人物のコマがほとんどなく、
調理される食材と多量の心の声のセリフで埋まっているので、
パッと見、読みづらそうですが、読めばむしろ共感できてのめり込む。


影響されまくって、同棲8年目で毎日夕食のおかずを
2品以上つくるようになりました。
今までずーっと1品でドカーンと量を作っていたのに。
相方からの評判もいいです、この漫画。
ゲイの2人の生活に笑えて、レシピは役立つし、心がほっこりします。

作者のよしながふみさん、『大奥』を描いてる人だったんだ!
こっちもいつか読破しようと思います。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL