スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

さよなら絶望先生【255話】『親譲りの無鉄砲で子供の時からゾロ目ばかり見てゐる』

さよなら絶望先生 風浦可符香
絶望先生の掲載順が一歩の後ろなのをよく見るのは、
実際に多いのではなく、そう印象づいているから!
…実際多いんですけどね。

今回は、4:44をよく見るのは印象が強いだけ、という話。

千里ちゃんの介在しない段階でホラーなお話でしたね。
奈美ちゃんが疑心暗鬼になっていく中で、
世界もそれに応えているような。

顔のパーツバラバラ、
街のパーツもバラバラ、
ちょっと『かってに改蔵』の最終回を連想してゾクゾクしました。
打ち切り決まったとかじゃないよね…
箱庭オチはめったにやるもんじゃないよ。

オチの6:66の違和感には読後1分で意味に気づいてゾクッとしました。
時計にそんな数字、無い。

JUGEMテーマ:さよなら絶望先生

スポンサーサイト

コメント

今回はウザかわいいナーミン無双でした。

今回のオチ「6時66分」は千里ちゃんの猟奇オチよりもよっぽど怖いデス!

  • にんクン。
  • 2011/03/04 22:46

>にんクン。さん
なーみんばっかり!
箱庭、6:66は千里ちゃんよりよっぽど怖いですよねっ。

  • あおがえる。
  • 2011/03/05 02:21
トラックバック
この記事のトラックバックURL