スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『おもたん』1ヶ月ぶりのプレイ(2回戦)。

おもたん2回戦

前回のおもたん及びルールとか出自とかリンク。
写真のとおり、単語帳で面白い単語をつなげていくカードゲームです。

今回も前回と同じデッキで遊んだわけですが、
何だか最初のターンが恐ろしく盛り上がらない。
どうやら、「この単語同士が組み合わさるはずがない」という
保守的な構えになっているからのようでした。

2回戦からは脳がほぐれてノリノリで遊んでいました。
やはり、その場のノリと柔軟な発想が大事な遊びのようです。

◆面白かったコンボなど。
・『夢にまで見た』『酒の肴に』『キャットフード』
 光景を想像してください。地味にしょぼいですね。

・『仏の顔も』『ニキビ顔』
 もはやただの悪口。語呂はいい。

・『伝説の勇者』『twitter bot』
 きっとすごいつぶやきしかしない。

・『マイルためるなら』『洗濯一回』『繊毛運動』
 よくわからないが、マイル貯めるためなら仕方ない。

以下、ちょっと下ネタにつき解説は控えます。
・『おっさんと俺と』『もろだし』『太極拳』
・『女児パンツ』『描こうぜ』
・『描いちゃダメ』『三つの穴』
・『ふしだらな』『剥いた』『おにいちゃん』
・『これでも』『DSソフト』『服着ろ、服』

単語帳を作る人間のセンスで、下ネタ大洪水から逃れられないこともありますな。
違うもん!私は下ネタ単語カードを作るのは控えたもん!

今回は長いコンボにこだわらずに
詰まったらサクサク山場からカードを出すようになった。

使いづらい単語や、何に付けても面白くなる万能単語、
(今のデッキにはないけど『どらえもん のび太の』は万能そう)
破壊力はあるけど使いどころが難しい単語など、
遊んでいくうちに使える単語などを新たに思いついたので、
単語帳をさらに2セット買ってきてしまう。
さらに、おもたん専用収納ケースまで買う。
(全て100円ショップ)
単語カードがあと6倍に増えてもまだ安心。
そのうちちまちま単語を足していこう。

持っている日本語の数だけ面白い組み合わせが生まれるので、
みんなも遊ぶといいよ!
というか、2人で遊ぶのも楽しいけど、私たちのゲームに3人目が加わると
思いもよらない単語や発想が加わって楽しくなるのかな、とか思う。
複数人向けだろうな、やっぱり。

ブログ主の書いた記事から言葉遊びをする『ブログペット』のようなものかもしれないし、
自分のtwitter発言から単語を拾い人間っぽく振舞う『Poi bot』ぽいかも。
でも、完全手動で人の手が加わる面白さがあるのだよ。

単語データベースを作って半自動化しようかという話が出たけど、
それだと既存サービスと変わらなくなる。
半自動化ならiPadアプリの『iCardSort』でそれっぽい使い方ができます。

ブログペットは12月中盤にサービス終了だそうです。
Twitter bot的なものに面白いところを持って行かれたのかな…。


JUGEMテーマ:日本語

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL