スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【夢日記】修学旅行のお迎え。

恥も外聞もなく、また夢日記を書くぞ。

私は2段ベッドの下で夢見心地。
(夢の中なのにね!)
そこにインターホンが鳴って慌てて飛び起きる。
玄関先には木村カエレちゃん(@さよなら絶望先生)が。
「遅刻するじゃない、迎えに来てあげたわよ」
的な事をいう。

そう言えば今日から修学旅行だ。(夢設定)
カエレちゃんは白いシャツにホットパンツ...生足がまぶしいぜ!
夢の中では夏という設定?という位薄着の彼女。
そして荷物らしきものは持っていない。
修学旅行なのに?
「そんなに荷物なんて必要ないでしょ」
そ、そっか。相当旅慣れてるんだな。

とにかくこのままでは遅刻だよ。
慌てて荷造り。
(事前に準備していなかったのは謎です)
モタモタする私に、カエレちゃんは
「私、先に行くからね」と。
ああ、迎えに来てくれたのに、準備が悪いせいでもったいない!

何とか荷造り、慌てて家を出る。
小さなトートバッグに最低限の荷物。
どの便せんを持って行こうかと最後まで悩んでいたよ。それこそ無駄っぽい荷物。

いざ家を出ると、カエレちゃんを完全に見失ってしまった。
とにかく早足で集合場所の学校へ向かう。
学校の時計の針が見える距離なのに、なかなかたどり着けない。
それどころか。

iPhoneの充電器忘れた!
ま、まぁいいや。
何故か初代ゲームボーイが入っている!!
しょ、しょうがないや。
というかiPhoneまで初代だよ!?
ああ、これは家に戻るべきか。

しかし、学校側の時計の針を見ると、戻れば遅刻という時間。
カエレちゃんは荷物なしで大丈夫そうだったし...。
悩む私。
そこで布団の感触を覚える。

私は布団の中なのか?
というかこれは夢??
ならば起床だ!!

というわけで夢から覚めちゃいました。
夢日記終了。

夢とわかりながら夢を見続ければチート能力を使えたのにね。
その能力を自由自在に使うには私自身に鍛錬が足りないようです。
たまにはチート能力全開の夢を見るけど。

何もかもやり遂げず。
思い残す事が多い惜しい夢でした。

スポンサーサイト

コメント

てすと投稿

  • あおがえる。
  • 2010/11/21 21:07


カエレちゃんは来たのにあお゛。さんはまだ来ない 遅いなー 荷物はもう宅急便で送ったから準備はいらんのになー

江田島平八塾長の挨拶が始まるよ〜

  • く’
  • 2010/11/21 21:27
トラックバック
この記事のトラックバックURL