スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

みつどもえ【145卵生】『墓地を見下ろす黒い家』

アニメ放映中ですが。
2話目の尿話で見切った人多すぎ!
確かに賛否両論のあの話をアニメ化したのは英断というか、やっちゃったというか。
初期の「孤立している三つ子」からしっかり描こうとしてるのだと逆に興味を引かれたよ。
原作は後半になるほど三つ子が成長してゆくし。

先週は下ネタオチだったけどさ!

さて今週。
オカルト少女の松岡さんがあれこれ誤解される話です。
性格は登場キャラの中で一番おかしな人です。
無類の霊好き。

霊と交流するための外泊あたりを、
三つ子の父の草次郎に誤解されます。
外泊自体おかしなことなんだけど。
不純異性交遊ーーー!!!
そんな子と娘が友達だなんて、そりゃ草次郎さんは心配です。

誤解がこじれて、愛娘がとても不純なことになっているかのような解釈。
そりゃあ男泣きしますわ。

最近ではキャラクター同士の人間関係が進んできて意外なキャラの組み合わせで話が作られる事が多いように思う。
沢山のキャラがいる限り、まだまだ当分は楽しめるということです。

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL