スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

漫画家がペン入れしている動画を見ることが出来る時代。


ニコニコ動画

週刊少年マガジン連載、「課長令嬢」のペン入れ動画。
紙を頻繁に回転させて”いい線”を引くようにしているのがわかります。
未だに、私自身のペン入れはその辺がなっていない。
丁寧さ、綺麗さは見習いたい。

以前から「プロがペン入れしてる動画はないものか」と探していたのですよ。
ペン入れ動画自体は以前から割と見つかっていたのですが、
公式動画(投稿者アカウントはkodansya)は初めてでは。
ここまでちゃんと長い時間撮ったものも初めてでは。

ペンを入れるときの音も聞きたかったなぁ。
福本伸行先生の場合はかなりガリガリ言わせて線を引いていました。
板垣恵介先生に至ってはコマごとにカッターで切り分ける上に
青鉛筆の下書きのままペン入れをしていました。
普通、青鉛筆でアタリを取って鉛筆で下書きの工程だと思うのですが。
鉛筆で描く手間と消しゴムを使う手間を省きたいからだとか。
コマの分割は描いたコマからアシスタントに渡せるため。
実に効率的。アシスタントが10人近くいるから余計にか。

プロの少女漫画家のペン入れの動画もどこかにありました。
とても丁寧で線がきれい。
少年漫画でもエロマンガでも女性作家の線って大抵細く綺麗ですよね。
ああ、私は女に生まれておきながら細やかさがない線ばかり引く。
少女漫画にハマった時代がないからなのか、大雑把な性格ゆえか。

専門学校の授業は1年学科だったので先週でもう終わったし、
これからは自分で理想のペン入れを探求するしかないな。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ

スポンサーサイト

コメント

動画興味深く見させていただきました。
私にとっては30分集中力が途切れないだけでもスゴイです。

作家さんによってやり方はそれぞれ違うようですが
あんなの見たら私はもう、恥ずかしくて
自分のブログに絵なんか発表できませんよう!

ってか、あんな細かい作業をされてる先生の動画に
偉そうなコメントつけてる人って何様?

  • 糸色叫
  • 2010/03/01 20:46

主線って、ここまで何度もなぞるものだったのですね〜〜〜。流石にプロは仕事が丁寧。

あとは話が出来なくて悩みもがいている模様を・・・って、流石にそれは人様にお見せ出来るものではありませんよね。

  • にんクン。
  • 2010/03/01 21:00

この作品好きだから嬉しかったな〜!
講談社の会議室で描いてるってコミックのあとがきにに書いてあったけど、だからネタにされたのか!
あ〜KCに部屋の見取り図とかあった理由は元アニメーターだからか・・・。
納得です!
やっぱり家にいるときのちづるが一番可愛いです!

  • ポニ萌え
  • 2010/03/01 22:42

>糸色叫さん
集中力ハンパないですよね。
「遅すぎる」なんてコメントしていた人もいましたが、
締め切りに間に合い、余裕があるなら絵は丁寧なほど良いのでは…。

偉そうなコメントをしてる人は、自分のほうが上手いと思っているか、匿名でコメントできるサイト特有の気の緩みでしょう。

上手い人のペン入れしてみた動画が増えるといいな!
プロはもっと動画サイトを宣伝の場に使っていいと思う。

>にんクン。さん
太い線も結構なぞってから太くする、と一応習いました。
はじめから筆圧かけて太くすると、紙にインクが乗り過ぎて全然乾かないですよ。
インクが手に付かない位の乾きの速さははその辺の考慮も入っていると思われます。
(何も知らない時代は筆圧だけで太く描いていました、私。)

プロのネタ出しの工程って謎に包まれていますよね。
学校でもシナリオ作成法はほとんど教えてくれなかったし。
見たい。

>ポニ萌えさん
格別に緊張しそうな場所で描いていたのですね。
見取り図…美術設定側の人だったということなの!?
でも、部屋の間取りを考えていないとキャラの背景(生活背景含め)がテキトーな漫画になるので、ある程度は考えるものだと思います。

トラックバック
この記事のトラックバックURL