スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

唐沢なをき 『マンガノゲンバ』 取材拒否

JUGEMテーマ:NHK
 
唐沢なをき「からまんブログ」 『マンガノゲンバ』の件
『マンガノゲンバ』の取材拒否です。
(できれば、前後のエントリも参照のこと。)

ディレクターの人が脳内で勝手なストーリーを作ってて、
そのとおりにやれと。
TVにはよくあることだし、それだからTVは真っ直ぐな目で見れないし、
唐沢なをき氏も「楽しめるやらせはアリ」といっていますが。

ちょっと強引すぎたね。
あと、取材する相手を間違えた。
『コミックビーム』最新号の『まんが極道』でネタにされちゃってるよ!
さすがただでは起きない漫画家。

『まんが極道』も脚色たっぷりの漫画なので全てを信じるわけではないですが、
TV番組でドキュメンタリーを名乗っているんなら性質が違うでしょう。
最初から「取材」なんて言わずに
「一緒に視聴者を面白がらせるお芝居をしよう」といえばよかったじゃない!
そして「このドキュメンタリーはフィクションです」とテロップをつけなさい。
取材を受けた漫画家さんが全てそんなだったかは定かではないらしい。

…というかさ、漫画を読まないような人がディレクターなの?
何その食い違い…むぅ。

スポンサーサイト

コメント

マスコミ関係、特にテレビ関係の人はそーゆー傾向が強いらしいです。
分野は違いますが、JTBの時刻表の取材で四国のとある駅弁屋さんへ取材に行った記事で、中の人から
「マスコミの取材にしては礼儀正しかった」
と言われた方もいらっしゃったとかで・・・。

そのライター氏も複雑な気分だったようです。

  • にんクン。
  • 2009/09/15 18:32

そのディレクターには是非
小林よしりんとか本宮ひろ志のインタビューに行って欲しいですな
勿論、健在であれば梶原一騎が最高なのですが…(^^;

てゆうか「マンガノゲンバ」には
(小林まことがヤ●ザを本人と間違えた)武論尊とか
車田正美とかサイバラとか
武闘派のゲストが過去に何人も出演しているのですけど
今までトラブルはなかったんですかね?

もし人を見て態度を変えていとしたら最低ですが

BS2って
他にも「アニメギガ」「マンガ夜話」「ネットスター」等
アニメ・マンガ関連の番組が多いことから
上層部にヲタがいると推測しているのですが
スタッフ全員が同様にアニメ・漫画好きとは限りませんものね
S学館同様「一流大学を出て苦労して就職したNHKに入った俺が、どうして漫画家如きの相手なんて…」
と思ってる輩が多そうな気もしますし(笑)

ちなみに「マンガノゲンバ」自体は良い番組なので
これで打ち切りとかは止めて欲しいと思っています
司会の天野ひろゆきは漫画家をリスペクトしているようなので
スタジオインタビューだけで構成すれば良いんですよね
実際アニメギガやマンガ夜話はそうやって創ってるわけですし

ちなみにブログを読む限り
興奮しているのは奥さんで
唐沢なをき本人がどう考えているのかはよく分かりませんよね
実際には「困った人だなぁ…」と困惑しつつも
「これはネタになる、ネタになる」とギャグ漫画家の性でほくそ笑んでいたんじゃないかという気もしますし(^^;

>にんクン。さん
>昨日さん

そんなもの、なんですかね。
ブログ『島本の感想文』で島本和彦先生は
自分の取材では全くそんなことなかったとおっしゃってるので
唐沢なをき先生はネタの神様に好かれているんでしょうね、全く!

トラックバック
この記事のトラックバックURL