スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

創作ストーリー漫画を添削してもらいました。

JUGEMテーマ:漫画製作

昨日、学校の先生に課題原稿とネームを見てもらって言われたところ。
・絵は見やすくていい。(上手いとかは一切言われてないよ)
・噴出しの中の文字は鉛筆で。青鉛筆で書かれると見づらい。
(前回4コマ漫画のときは完全原稿が前提だったのでPCで作った写植を貼っていたのです)
・このアイテム(おっぱいボール)はいい、こんないいアイテムがあるのに
 8ページ目にようやく見せ場があるのはもったいない。
 読者を楽しませたいならもっと早めに見せ場を作るべし。
・見せ場のあと、もっと面白い展開があると思ったらそのまま終わってしまった。
 愉快な漫画で進めるならどんどん面白い絵は入れるべし。

「…一応、少女同士の友情がメインなんですが。」

・2つ以上のテーマを詰め込むとよくない。
 カレーとラーメンを一緒に出されて「食え」というようなもの。

16ページ漫画の10ページ目ペン入れ中。
表紙はまだだから8ページ完成。
書いてしまった部分はしょうがないとして、後半は先生の意見を生かそう。

早く書き終わって自由参加のイラストコンテストにも参加したいしな!
夏期無料講習のイラスト製作はためになったので早く技を使いたい。

本科の1年生と夜間さんと土曜学科のもぎたてフレッシュな
4コマ漫画ばかりの生徒作品冊子のクラッシュ夏号面白いです。
600ページオーバーのとても分厚い冊子。
次回作が楽しみな人がちらほら。
ああ、何で秋号がなくて冬号まで待たねばならぬのだ。

スポンサーサイト

コメント

少年誌のギャグ漫画では1ページに一箇所は笑える
ところを設けよ、とかいう暗黙の掟もある、とどっかで読みました。

メインの読者である小中学生はとにかく最初のインパクトが大事で、読み続けさせるための工夫が必要、という意味なのでしょうね。

  • にんクン。
  • 2009/08/09 20:28

>にんクン。さん
例のおっぱいボールのシーンをもっと序盤に持ってきて
読者をつかむのが正しいのでしょうな。
そしてページをめくるたびに面白シーン、と。

もっとギャグに徹すれば…次回作に生かそう。

トラックバック
この記事のトラックバックURL