スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

千三百六十七話『退化論』

JUGEMテーマ:さよなら絶望先生

(前略)
あびる「エコカーが静かすぎて危ないからと逆にエンジンみたいな音つけたり」

霧「そういえば 都市ガスも本当は無臭なのに 危険だから臭いをつけてるよね」

絶望先生「そうなんです! 便利になったはずなのにその先進性があだとなる!」
      「絶望した! むしろ退化する現代社会に絶望した!」

(羅列ネタとか・後略)



静かすぎるエコカー
http://news.goo.ne.jp/hatake/20090610/kiji3368.html
この時期にこんなネタをを拾ってしまった

絶望放送向きでもないだろうし、
絶望先生の同人漫画にするのも時期的にどうだろう。

スポンサーサイト

コメント

この話はデチューンとかぶってしまうのでどうだろう?
もしこのニュースからテーマを膨らますとすれば
「『目立たないこと』を目立つようにアピールする」を
テーマにしてみるとか・・・う〜ん、分からん。
こーいう話を毎週考え続けている久米田先生は
やっぱり偉大だ、という結論に達しました。

  • 糸色叫
  • 2009/07/17 22:24

>糸色叫さん
何かにかぶってる気がしてたらデチューンでした!
絶望先生の連載に入ってから
「前に似たテーマをやったような?」
ということが増えましたが、
それでも新しい展開に出来る久米田先生はすごすぎます。

同人でもネタ切れる…無理…。

トラックバック
この記事のトラックバックURL