スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

かってに改蔵Blue Ray下巻。

かってに改蔵 下巻
羽美ちゃんが可愛い、羽美ちゃんが可愛い!
股裂き人形の股を裂いてくれよ羽美ちゃん!!!

あれ、これ、絶望先生アニメと同じ作り方だよね…。
これでよかったんじゃあないだろうか。
否定してるんじゃなくて、とてもよかったと言いたい。
上巻中巻と見てて、一番すっきりする作りだよ!

というわけで、下巻が届きました。
作画も崩れてないし、間もいいし演出もスッキリだし!
この違和感のなさは…。
A)原作である改蔵後期の作風が絶望先生と似ているため。
B)久米田先生の漫画をアニメ化するのに良い手段を出したまで。
C)単にアニメスタッフが改蔵に慣れてきた。
D)後期の絵は描きやすいよ。
どーっちだ、どっちだ!
(転落死!窒息死!)
全部、かなぁ。

まぁ、でも、上巻の内容を後期の絵でやるのも
違和感あるのはわかる気がする…。
色彩とかキャラデザとか、上巻は上巻、中巻は中巻で
楽しめたので、演出と作画にちょーっとこころのこりがあるだけです。

下巻ではじめて「Blu-ray画質でよかった」、
そう思ったのも事実です。

16ページの原作を絶望先生アニメと同じようにアニメ化し、
その結果、予告編映像が収まるくらいにはゆとりが生まれる。
これが後期のベストなペース配分なのか!
上巻でこれくらいさくさく作ってたら、
どう見栄えの変化が生まれただろう。
アニメ絶望先生的なスタイルが改蔵初期に噛み合わないのは承知で。

かってに改蔵 名取羽美
6話Bパート『近ごろ、おヘソ出さないね。』
歌った!羽美ちゃん『ドッキドキ!LOVEメール』歌った!
使える限り曲を使った!
これは映像も楽しんでるだろー。

一見様にしてみたら、アニメは急ぎ足すぎて、
亜留美ちゃんとか砂丹くんとかいきなり登場してるし、
しかもあちこちちぐはぐで山田さんはさようならしたし
改蔵と羽美はドッキドキの果てに…だし。
よくわからないんじゃないだろうか。
ラジオを聴くに、いきなり改蔵アニメから入った方も
いたようだし。

やっぱさ、TVでやろうよ!
289話まであるので、1クール程度では到底
話が見えてこないとは思いますが。
最終話まできれいにアニメ化した漫画もそんなにないよねー。
高望みかー。

祭りは、また始まるかもしれないんだよ。
改蔵くんを使った次回予告にはいつもじんわりさせられました。

JUGEMテーマ:かってに改蔵


評価:
---
キングレコード
(2011-10-26)
コメント:画もテンポも良い。一見様、楽しめてますか?それが気がかり。

かってに改蔵Blue Ray上巻。

かってに改蔵 Blue Ray 上巻
素敵だ、素晴らしすぎる。
OPは中期っぽい絵ー!
初期の絵で動くー!!!
ナレーションが素敵ー!
改蔵くんの次回予告が好きだー!
背景まで鮮やかでパキっとした色彩が初期っぽいー!
プールの水の動きまで原作っぽいー!
遠慮なしに下ネタ話ばかりセレクトしてるなー。
キャラとしての久米田先生やHくんOくんの出番もあり。


浮かれた気分で3周目4周目と見て、
少々冷めてきて気づいたこと。

・やけに引いた構図が多い
原作は斜めの構図が多いんだよなー。
狭い漫画のコマを使った表現だから、
原作通りにできない部分も多いだろうけど…
むしろ、アニメはアニメっぽくやって欲しいけど。
引いた構図過ぎて、謎の違和感があるんだよなー。

・2話B、Cパートの画が割と崩れていたような。
さすがにないだろー、ってくらい崩れていました。
逆に、割とあることなのかなー。 

・地丹がポエムを破り捨てるカットを何故挟んだか。
改蔵が「こいつのポエムのが素敵」
というセリフを言うに当たって、破かれてると
前後のつながりがおかしいのだが。 

1億人の改蔵ファンに嫌われても言う、
この3点は引っかかるんだよ。

でも、アニメ化はすごく嬉しいし、
ほとんどの部分が好きなんだけどね!

JUGEMテーマ:かってに改蔵

改蔵主題歌『かってに改造してもいいぜ』他。

かってに改蔵主題歌 『かってに改造してもいいぜ』
買ってます買ってます。発売日に聞きました。
絶望先生ブルーレイの主題歌も。
ブルーレイ主題歌ってなんだよ、って感じですが。

発売前からフルバージョンがアニメ公式サイトで
PVやアニメ付きで聞けたりしたので、
普通に良いなー、と思ってたのです。
予約はずっと前からしてたけど。

『メビウス荒野〜絶望伝説エピソード1〜』
http://www.starchild.co.jp/special/zetsubou_bd/
上のアドレスで聞けます。多分期間限定な気がする。
アニメ絶望先生の集大成みたいな主題歌。
3期までのアニメ主題歌のフレーズやメロディが入ってて、
ごちゃごちゃ賑やかたのしい。
絶望少女達との掛け合いも賑やかだよねー。
擬音が目立つ感じ。

『かってに改造してもいいぜ』
『ナニがナニでナニなの・・』
http://www.starchild.co.jp/special/kaizo/
かってに改蔵主題歌。上のアドレスでまだ聞ける、見れる。
仮面ライダー555だー、これー!!!(OPアニメが)
ナレーションまで含めてのショートバージョン。
改造人間だと思い込むには十分だ!
CDのフルバージョン…詩が深いね。背負っちゃったんだね。

『ナニがナニでナニなの・・』EDテーマだけど、
映像だけ許せんね。
何故に亜留美ちゃんじゃないのかと。
地丹くんの妄想の相手は亜留美ちゃんだろー!
すず様はかろうじてセーフだけど、
羽美ちゃん、山田さんまでいるのはおかしいだろー。
どういう趣旨なんだろーな、これ。
本当、許せないのは映像のキャラ選択だけです。
女体がいっぱいなコンセプト自体は別にいいです。
歌っている新☆谷良子さんにも罪はありません。

JUGEMテーマ:かってに改蔵

かってに改蔵【特別番外編】『損して得とれない』(マガジン23・24合併号)

かってに改蔵 彩園すず
本当にみんな損しているの?

今回のテーマは三方一両損。でもないけど。
誰も特しないというお話。
かってに改蔵の新作が読めるだけで大いに得なんですけどねぇ。
それは一部の人なのか?
という自虐ネタなのか?

メインの4人のぶちぬきがちゃんと用意されてるのはいいよねぇ。

暴走する羽美ちゃん素敵だよねぇ。
それにも増して暴走していたのが、あの人でした。
少なくとも私にとっては予想不測なオチでした。
予兆はわかったのですが、オチにどうつながるまでは。

さり気無く絶望先生の登場もあり、
かってに改蔵の舞台設定的に…それはどういう事なの、と。
漫画はすべてを乗り越える。深く考えるな。
と、いうことでしょうかね。

かってに改蔵の連載時より、背景の細かさが増している気がしました。
スキルアップしたのだね。

熱を冷ました頃に感想を書くという技。
というか、交換掲載のあの絵を描いていただけだけどさー。
pixivにあったりします。(ぼそっ)

JUGEMテーマ:かってに改蔵

かってに改蔵 愛蔵版13巻

かってに改蔵 愛蔵版 さよなら絶望先生
同じ画像を使いまわしてしまった…。
感想イラストを描き下ろす気力がないのです。

13巻は、『幽良物件仲介します』が収録されてるのが大きい!
昔、国会図書館まで読みに行ったのは無駄じゃないよね、うん。

真面目にホラーしてるので、ギャグを期待してた人はぽかんとするかも。
読み返して気づいたけど、この漫画は主要人物にも名前が無いですね。
呼ぶなら主人公、とか3303くん、とか?
もう片方は、不動産屋のねーちゃん、とでもw
『雨天結構。』の人気投票ページにキャラ追加しときます。

さて、本編。
いよいよ後期の雰囲気です。
個人的に「不思議さん」な羽美ちゃんのエピソードが好き。
普通じゃない人は、必死に普通を気取るよね。
普通の人が、「変わってる自分」を演出するものだよね!

カラー口絵のクリスマスがかわいい。
そう言えば、口絵はずーっと改蔵と羽美ちゃん中心ですね。
ずっと2人のターン、という事か!!

久米田先生の質問に答える巻末コーナーも、
投稿者のキャラがよくわかるまでになりました。
読者投稿の雰囲気含めての久米田作品だ!

JUGEMテーマ:かってに改蔵

愛蔵版『かってに改蔵』11巻ドラマCD付き限定版

取り急ぎ画像とか。
かってに改蔵 愛蔵版 11巻
『CD付き』の文字の部分はパウチしてるビニールの上にシールとして貼ってある。
剥がしたくないよぉ。
でもビニール剥がさないと読めないよぉ!

かってに改蔵 愛蔵版 11巻 特装版
外箱、単行本、ドラマCDとイラストがひと繋がりのストーリーになっている。
2月も後半なのにお正月っぽい。
発行のタイミングがずれたんだろうか。ずれたんだな。

単行本は通常版のものと全く一緒だと思います。
特装版にはいつもの帯が付いていませんが。

本編は『著者遺影』が素敵すぎました。
遺影を持っているの、藤田先生だよね?
そしてしろがね。
他には、久米田先生のお悩み相談がラストお悩み。
通常の悩み相談とは違って久米田先生の悩みに読者が答える企画です。
いつも難しい悩みを提示するんだよなぁー。
今回くらいは回答を送るかな…。
同一回答多数な気がする。今回だけは。

秋葉原88箇所お遍路巡りマップが今じゃ相当機能しなさそうな気がするよ。


◆ドラマCD感想。
原作第一話のドラマCD化。約24分。
一番の不安要素だと(勝手に)思っていたすず部長役の豊崎愛生さんが
全く問題なくしっくりきていたことに驚きつつも、
1人2人のキャラ程度で声優さんの演技力をはかっていた自分に嫌悪感です。
他の声優さんも全く問題無し。
音声だけのメディアでも地丹くんまじ下っぱ。
性格変更後の地丹と羽美ちゃんが現段階では想像できない演技だけど、
声優さんだもの、きっと上手くやってくれるさ!

脚本も、キャラ紹介と音声のみのメディアということを考えると
わりと妥当だと思います。
原作通りを外れるようなことはしてなかったと思うし。
普通っぽいコメディとしか思えない。原作1話がそうだし。

CDはiTunesで取り込むと、Dream TheaterのOctavariumという曲だと誤認識されたよ!
みんなそうだったらしい。何故。

JUGEMテーマ:かってに改蔵

改蔵アニメ化記念絵がこんなんでよいのか。


絵ブログにアップしたものはこちら。

奈美ちゃんラーメンが目立っているけどいいのだろうか。

JUGEMテーマ:かってに改蔵