スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

気が抜けて、からあれこれ。

・絶望先生単行本30集の感想
・じょしらく原作&アニメ感想
・読んだ本、見た映画の感想追加
・冬コミ新刊の表紙位描いとく
・描きたいネタ絵をいまのうちに描く

以上、やりたいこと。
本当、絶望先生30集見てから気力が抜けております。
あと、1年半愛でていたブラウザゲームも終わったし。
放心に次ぐ放心だー!

アニメじょしらくが面白くて幸せです。
ソードアート・オンラインもついに原作ラノベに手を出しました。
やっぱ世界観がすばらしすぎるね。
原作読んじゃうと、アニメの端折りっぷりが気になるけど、仕方ない。
指舐めとかニシダさんとか5コルの木の実とか、原作のいいシーンを容赦なくカットしちゃうのは本当仕方ないな。

早起きして昔やってたオンラインゲームを少し進めたくなったね。
今日、2年ぶりにログインしたけど、普通に話しかけてくれる人がいて「やっぱこの感覚よぉ!」と安心した。

空いた心の穴は別パーツで埋められる!『かってに改蔵』ですず様もいいこと言いますね。
完璧に埋められるパーツはないけど。
久米田先生の新連載位だよな〜。


JUGEMテーマ:日記・一般


さよなら絶望先生【299話】『絶望の組の幸福な少女たち』

さよなら絶望先生 音無芽留 双寿支院十機芽空童女
出会ってはいけない二つの魂が。(寝落ちしたので荒い出来の絵。)

クソヒゲハットの「ありがとうめるめる」ってそういう…。

ひっくりかえしやがった!
昨日のマガジンの超展開再びに、
何度も何度も何度も何度も読み返し、
結局疲れて寝落ちしてしまいました。先週もそうだった。

木曜日だし、バレもいいやと今回は畳まず行く。
ただ、私の薄っぺらな感想をマガジン読破前に
読むことは避けたほうがいい。
今週のはさすがに自分で本誌を追ってね、と言いたい。

絶妙な展開を殺しそうな文章の下手さに泣きそうになる。
「読んで、とにかく本誌を!自分の口からは語れない」
昨日の相方からの本誌を読んだ第一報もそんなでした。

でも感想ブログなんで書く。

◆吉報です。
予想は当たった!
絶望少女は生きていた!前回の記事書いといて良かった!

望さんの後を追ってショックを受ける
交くんの後に、絶望少女達が現れます。
白いワンピース姿で。
前回の「連絡してくださいよ」の流れは何だったのか!
というくらいすぐの登場にびっくり!

彼女たちはたまゆら…じゃなくてかんなぎみたいなもの。
えっと、正確には「依り代(よりしろ)」です。
死者が未練があった学園生活を代わりに演じていた、と。

まといちゃんと霧ちゃんがぶち抜きで嬉しい。
先週もそうだったけど、私服が少ないキャラへの優遇か。

依り代をするには必然があったと。
死にたい魂と行きたい霊。
絶望少女達は全員が自殺未遂者だからこそ、
生きたかった霊への供養ができる。

生きたかった昭和の霊のために。
暦も昭和で続けていって。

となると、羽根が舞っているほう(ヒロシ)が
(死んでいるけど)生きたい魂になるわけで。
29集表紙にも、297話の1年前の奈美(可符香)
の周りにも羽根が舞っています。
つまり、多分そういうこと。

最終ページの編集のアオリ文が迂闊だった。
いつもは比較的うまいこと書くのに。
可符香さんだけじゃないだろ!
千里さんもいないだろ!!!!

千里さんいないよね?その他諸々については
ヤマカムさんが毎度鋭い考察をしています。
http://yamakamu.com/archives/3434549.html
今更言うと、改蔵連載中からヤマカムさんの久米田漫画記事は見てた。
毎回視点が素敵なんだ。

絶望少女達は年齢出身バラバラというのが気になります。
20歳超えでセーラー服着ていた絶望少女もいるのだろう。
マ太郎とめるめるは高校生に達していないのかもしれない。
ぐるぐるまんがではなく、留年漫画ですものね。
魂を供養できずに、次のステップの「3のへ」に
なかなか移行できなかったとかなのかもね。

次号、可符香回収か。


◆最終回オフ会やるよー。とうっすら告知し始める。
オフ会告知ページは最終回一週間前に完成させますが、

最終回の日に小石川区(音羽)で絶望先生を語りましょう!的な。

http://uten.sunnyday.jp/text/eve1.htm
だいたい改蔵最終回オフと同じノリです。
ただ、語りたい欲が強いので、時間を早めるか、酒入りにするか
考えどころ。
オフ会メンバーも事前にしっかり把握したほうがいいかもだし。
おふ〜掲示板(避難所)
参加希望者や、良いアイデアなど、書き込みたい方は
こちらの掲示板などをどうぞ。

さよなら絶望先生、木村カエレ。

さよなら絶望先生 木村カエレ
美しい緑のカッパとランデブーは出来るんでしょうか?
(最終回までに。)

出番の減っているカエレちゃんですが、
扱いづらい、というのが大きいのでしょうか。

羽美ちゃんの多重人格ほどインパクトないし。

絶望少女は羽美ちゃんの個性を薄めたものだ、
と連載初期になんだか言われてた気がするのですが、
可符香はどちらかと言うとすず様みたいで。
羽美ちゃんを薄めたの(非公式見解)
を濃縮したら可符香だった、
そんな最終回だったとしたら、どうしよう。

そんな最終回になる雰囲気は多いにあるのですが。

…。カエレちゃんネタを書こうと思ったら、こうなった。
やっぱし使いづらいんだよ!

さよなら絶望先生【296話】『新・陳・人』

さよなら絶望先生 日塔奈美
生まれ変わったつもりで頑張るぞ!

細胞単位では生まれ変わってるよ、という話の振り。
中身が入れ替わっちゃったんじゃないか、
そんな南国時代の自虐ネタとか羅列ネタとか。

知恵先生が言ってたことと持ってたものが
たいそう気になるのですが。
大きなクーラーボックス、なんだろうね。

臓器移植?



記憶転移?

ラストのもう一人の奈美ちゃんが可符香に見えるところとか、
臓器提供者的な?としか解読できない。
でも案外ミスリードかもよ。



最終回を目前にして、絶望先生は三号分休載です。
合併号もあるので期間にして4週間。
最終回の喪失感を埋めるソフトランディング的な?


JUGEMテーマ:さよなら絶望先生


サンシャインクリエイション53、参加します。

SC53ミニサークルカット
サンシャインクリエイション53

10/23 A1ホール /C10b 『FLAG FROG』で参加です。

新刊でかってに改蔵まんがを描く気満々だったのですが、
5日前になってもネーム以上進みません。
というか、ネーム自体は夏コミ直後にできた。
うー。
…いいわけは、しちゃダメだ。

なんとかペーパーくらいはつくろうと、
あたふたしているので、
サンクリに用事のある方がふらっと寄るくらいの感じでどうぞ。

夏コミ新刊もありますどうぞ。
当日の新刊はないですどうぞ。

さよなら絶望先生【276話】『悲しき絶対』

さよなら絶望先生 日塔奈美
先生、奈美ちゃんにまで決めのシーンを取られて!

久米田先生病み上がりで、お疲れさまです。

音楽のための音楽、絶対音楽。そんな感じのものが主体な文化祭。
ビバルディの『四季』のようなテーマのある音楽とはチガウノデス。
最低限文化的な文化祭に比べるとなんという文化レベルの高さ!


加賀ちゃんにヴァイオリン演奏スキルのオプションが付きました。
おいしい配役です。
せめて、絶対絵画のシーンの端の方にでも丸井ちゃん入れてあげて!
絵を描くと言ったら、藤吉さんか丸井ちゃんじゃないか!

言いたいことは、絶望少女の扱いの差がどんどん大きくなってるなー、と。
やはり、扱いやすいキャラクターというのはどうしても生まれてしまうのか。

男色家を扱ったBLが「BLのためのBL」でいいなら、
『ゆるゆり』あたりも「百合のための百合」で認められていいと思う。
大事件らしい大事件もない、百合だけの世界!
(最近お気に入りでした。と、過去形にするのも申し訳ない)

絶対ギャグ、わりとアリかもよ?
あらゐけいいち先生の『日常』なんかはときおりそんなだし。
(こちらもお気に入りです。いい漫画だ。)
普通ちゃんの羅列ネタに入っていたけど、
久米田先生は年を取ることによって、そういうチャレンジが、
笑いのポイントをつかむのが難しくなってきてるのかなぁ?
というか、テーマを掲げてギャグをやる、
『表題ギャグ』とも言うべきスタイルを確立しちゃったからね。

缶の内側…オチのためにあえて滑ったのでしょうけど、
なぜかクスリときました。
ラストの4コマは、悩む。

普通ちゃんの顔全面にトーンが。
「ワザとダヨ」なのかな?

JUGEMテーマ:さよなら絶望先生


息苦しいなー。

 気のせいかもだけど、まだ監視されてる気がする。
日常生活を発信しなければ多分問題ないだろう。

ということで、このブログを漫画感想と同人活動にしか使わないことを
改めて宣言しよう。

普段見ないアクセス解析を見たらちょっと笑った。
おっぱいとち○こで検索かけてくるひと多すぎだろ!
亀さんのペ○スは今は全く無事だよ!