スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

初夢。(夢日記)

Twitterに投稿したけどブログにも残す。 1)上履きが無くなったので余ったスリッパでぴょこぴょこ教室に入る。 2)シャワーを浴びたあと用意していた着替えがなくなりタオル一丁でうろつく。 3)電車を乗り違えていつまでも目的地につかない長い長い旅路。 という負の三本立てでした。 新年早々、失う夢が多くない? 大丈夫かね。
JUGEMテーマ:夢日記。

夢日記20101207。

起床してから結構いい時間がたっているので、断片的にね。

靴底にひき肉を詰めて焼くのだ。
焦げないように。

「フエキのり」の黄色いボトルと格闘中。
とてもやわらかくて、中身の糊が溢れちゃう!

そして、私が「ダメな子ね」と誰かに叱られていた。
靴底ハンバーグの件で?
それとも糊の件で?
どっちもうまくいかなかった記憶だけがある。

JUGEMテーマ:夢日記。

【夢日記】肌着とファンタジーな旅。

主人公は秘めた力を持つ少年と旅に出ることになる…!!
そんな展開の夢。

少年誌的な冒険ストーリーかと思いきや、夢の大半は
「旅先は寒いからこれも入れといたほうがいいよ」
と、旅行用のバッグに肌着ばかりグイグイ詰めるうっとおしい親の話でした。
ああ、何だか雰囲気ぶち壊しだー。

少年、主人公の両方は夢の中だけの人物だけど親だけ現実の私の親でした。
夢見の原因にちょっと思いあたりあり。

◆夢ではない現実の話だけど、今朝はあまりに空気が乾燥しているので
口の中がカラカラになって水を求めて何度か目が覚めました。
加湿器、欲しい。


JUGEMテーマ:夢日記。

【夢日記】修学旅行のお迎え。

恥も外聞もなく、また夢日記を書くぞ。

私は2段ベッドの下で夢見心地。
(夢の中なのにね!)
そこにインターホンが鳴って慌てて飛び起きる。
玄関先には木村カエレちゃん(@さよなら絶望先生)が。
「遅刻するじゃない、迎えに来てあげたわよ」
的な事をいう。

そう言えば今日から修学旅行だ。(夢設定)
カエレちゃんは白いシャツにホットパンツ...生足がまぶしいぜ!
夢の中では夏という設定?という位薄着の彼女。
そして荷物らしきものは持っていない。
修学旅行なのに?
「そんなに荷物なんて必要ないでしょ」
そ、そっか。相当旅慣れてるんだな。

とにかくこのままでは遅刻だよ。
慌てて荷造り。
(事前に準備していなかったのは謎です)
モタモタする私に、カエレちゃんは
「私、先に行くからね」と。
ああ、迎えに来てくれたのに、準備が悪いせいでもったいない!

何とか荷造り、慌てて家を出る。
小さなトートバッグに最低限の荷物。
どの便せんを持って行こうかと最後まで悩んでいたよ。それこそ無駄っぽい荷物。

いざ家を出ると、カエレちゃんを完全に見失ってしまった。
とにかく早足で集合場所の学校へ向かう。
学校の時計の針が見える距離なのに、なかなかたどり着けない。
それどころか。

iPhoneの充電器忘れた!
ま、まぁいいや。
何故か初代ゲームボーイが入っている!!
しょ、しょうがないや。
というかiPhoneまで初代だよ!?
ああ、これは家に戻るべきか。

しかし、学校側の時計の針を見ると、戻れば遅刻という時間。
カエレちゃんは荷物なしで大丈夫そうだったし...。
悩む私。
そこで布団の感触を覚える。

私は布団の中なのか?
というかこれは夢??
ならば起床だ!!

というわけで夢から覚めちゃいました。
夢日記終了。

夢とわかりながら夢を見続ければチート能力を使えたのにね。
その能力を自由自在に使うには私自身に鍛錬が足りないようです。
たまにはチート能力全開の夢を見るけど。

何もかもやり遂げず。
思い残す事が多い惜しい夢でした。

夢日記20101025

私がみる夢は、私自身視点(極端に少ない)と知らない誰か視点と神視点の3種類が主にあるけど、今回は神視点のようだ。

2人の女性が軽く言い争っている。
若い女性「そんなキツイ言い方じゃなくても分かってもらえる手段はあるはずです!」
少し年配のベテランらしき女性「ビシッと言わないとあの人たちいつもああでしょ?」
園児か、老人か、はたまた大人の集団か、その教育方針に食い違いが発生している模様。

私は、若い女性の方の「頭ごなしに怒るのよくない、平和的解決法はあるはずよ> <」という主張に賛同した...というか、ベテランらしき女性の「叱りつけとけばいう事聞く」という主張に聞けば聞くほどイライラを覚えていた。なぜだろう、言い方もイライラを増幅させる原因だったのだよ。

いつしか私は若い女性の方の気持ちに完全同意。あまりに長引く議論にイライラきて、私も若い女性側の「平和的な教育」を主張し叫びたかったけど、私は神視点。(神ではない)2人の女性には見えていない設定。ここで叫んだらどうなるだろうとモヤモヤ。叫ぶのをこらえていた。

場面変わってぬかるんだ山道。雨が降った後らしい。歩けば靴がぬちょぬちょ必至。だけど私は神視点。少し浮いて高速移動もわけないんだぜ、と足を汚さずに山道を滑り降りるのであった。下の方に人がいたけど私の奇行は見えていないはず。

そんな今日の夢日記。
夢とわかって楽しんだりしているっぽい所もある。

【夢日記】録画失敗で泣いた、かってに改蔵編。

朝起きたときに、「悪夢から解放された!」と思った夢。

アニメ『かってに改蔵』の予約録画に命を賭ける私。
夢のなかではアニメ化、しかも全国区らしいよ。

どうしようもなく古いビデオデッキしか持っていない夢設定。というかそういう時代設定。Torneさんのように簡単おまかせでどんどん録画してくれない。しかも残念な地方局の都合で放映時間が不定期。新聞のテレビ欄を観てもわけわかんない。

そんな厳しい夢の世界の中で、かってに改蔵が録画できない…と毎週泣きそうになる夢でした。DVDやブルーレイが出ることが保証されていないから、というかそんなものが出るわけない時代(夢内)設定だったので悔しさ倍増。

ビデオデッキの前で四苦八苦していると、「あー、オープニングが流れだしちゃったよ…まにあわね」みたいな。

はるか昔、NHKアニメの『ヤダモン』を全話録画するために毎回苦労していたけど、それくらい昔の時代を思い起こさせる夢でした。ヤダモンは相撲が敵だったけど170話近くほぼ録画できたよ!(実話)

それと比較すると救いのない夢だったなぁ。
でも、半泣きになりながらアニメで動く改蔵たちを見ていたよ。
本当にアニメ化したならば、それだけで十分喜ばしいことだものね。

JUGEMテーマ:夢日記。

20101011夢日記。

これは、全て夢のなかの出来事です。
概要:パソコンソフトの授業を受けている、ついていけない。

ちょっと大きめの白い長机が生徒用に並んでいる教室の左後の方に腰掛ける私。授業内容はFlashのアクションスクリプトに関してである。

かなり若い感じの講師の自己紹介がとても長く感じる。リアクション過多でうっとうしいとさえ思う。変な自画像キャラクターが黒板には描かれている。授業時間がもったいない。とてもノートをとる気分ではない。

ノートをとる気分が起きないまま授業は進む。ここもノートをとるほどではないな、ここも。

授業の中頃、教材販売の説明が入る。聞いたこともないMac用のFlash作成ソフトを生徒におすすめする講師。なんか想定外の価格。とんでもなく高い。これを買わないと次回の授業に支障をきたすって言うけど、どんな詐欺だよ、なんのための授業料?教室内でそのソフトに触るくらいはできないの?

次回の授業、ボイコットしてやる!と、多少いらだちを覚えながら今日のノートだけは死守して帰ろう、そう思った。そしてノートを見返す。...何も書かれていない。ノートをとる気分が訪れなかったせいだ。私にとってこの授業はなんだったのか?めまいが私を襲う…。

という夢だったのさ。

◆自己流夢分析
・最近、Macを有効活用することにあれこれ考えて動かしていた故の夢なのかなー。
・ノートを取らないというのは実際の私の授業の受け方。たいていは教科書にみっちり補足を書き加えていたそんな学生時代。教科書を見るだけで授業風景まで思い出すよ!
しかし、夢のなかでは教科書が存在しなかったのだ。
・じょしらく動画コンテスト、応募できなかったなー。Flashを使ってもよかったとは思う。

JUGEMテーマ:夢日記。