スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

久米田康治先生のお仕事情報リスト



各サイトへのリンク付きでございます。

 

久米田先生のお仕事情報リスト(過去) ←過去情報はこちらへ分けました。

 

6月30日(木)
【画集】『久米田康治画集 悔画展』


7月2日(土)〜8月14日(日)
【作品展】「一挙後悔中〜さよなら久米田先生」(青山GoFa)

東京サイン会抽選券と画集付きのチケットも上記サイトで発売中。
ローソンでチケット発売中


8月23日〜9月4日
【作品展】「一挙後悔中〜さよなら絶望先生」大阪(海岸通ギャラリーCASO

 

9月15日(木)

季刊エス】で『かくしごと』インタビュー6ページ掲載。

 

9月20日(日)

【】『なんくる姉さん』単行本1巻発売予定

 

10月17日()

【KCDX】『かくしごと』2巻発売予定

 

10月31日(月)

楽園le paradis】『スタジオパルプ』掲載予定

 

???

『アニメ店長』トリビュート企画




JUGEMテーマ:さよなら絶望先生
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

とりとめもなくせかどろ。

せっかち伯爵と時間どろぼう

連載終了後も、2015年も、なかなか描けなくてな…(いいわけ)

あ、昨年はまばたきgifマゴちゃん描いてた!

 

以下、だらだら書きます、だらだら。

 

今年の9月15日は連載終了からは1年半くらいだけど、作品世界の時間で3回忌。

せかどろの最終回は心がじわっと暖かくなるような許されたかような感じで好きです。

昔おばあちゃんの家で飼ってた猫とか、家で飼っていた猫のコロネさんとか、

ほかにも猫とか猫とか猫のことを思い出してしまうのです。

人に姿を隠して天命を全うする猫さんたち…(泣

 

上人類を猫に重ねるというか、屋良かすみちゃんのお犬様に重ねてるというか。

なんでずっと一緒にいられないんだろー。←これに尽きる。

 

一方で健在のペットの亀さんの寿命がすごすぎて心のなかでは卓くんと呼んでいたり。

なんでこの人、ペット語りしているんだろう。

でも、作品テーマからずれてはないよね、よね。

 

『AR墓参り』ってサービスがすっごいせかどろっぽいなと思ったり。

自分の生きてた姿を年一で未来に飛ばせるわけだからなー。

せかどろのほうは、間違いなく生きているけど。

 

ギャグ漫画だから最終回含まない評価を、とは思うんだけど

話数の数え方と余命1年という設定からして

『この漫画、短期間で突っ走って畳む気だ!』

という事には初めの方でぼんやり感じていたので、

畳んでいく流れはやっぱり気になります。

 

ギャグ漫画としても下ネタ多くて好きでした。

中学生の頃だったら絶対受け付けてないネタの数々。

なので私個人においては『行け!!南国アイスホッケー部』は

出会い方がまずかったなぁと。後で好きになりましたが。

 

それと、久米田先生お得意の「レッテル貼り」

『上人類』という概念をペタペタ既存の事象や人物に貼っていくのは

読んでて爽快感ありました。

 

あと、ひとこと言うならば、

おぱんつ係のマゴちゃんは私の中で最高に輝いていましたよ!

 

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

久米田先生のお仕事情報リスト(過去)

【内閣府】『きみに質問BOOK』(PDFダウンロード)

6月6日(月)
【月マガ】『かくしごと』掲載
【ヤングマガジンサード】『なんくる姉さん』掲載
 

6月8日(水)
ひつじ書房】『太宰治ブームの系譜』(カバーイラスト担当)


6月17日(金)
【KC】『かくしごと』1巻発売(講談社コミックプラスの新刊案内
『かくしごと』1巻をアニメイトで予約するとサイン会(@名古屋)参加抽選券GET
『かくしごと』1巻特典(カラーライズドイラストカードということです。全着色済絵。)
全部の特典ページを見つけられなかったので、久米田康治先生担当さんのTwitter見て、本当に。

6月17日(金)
【KC】『かくしごと』1巻発売(講談社コミックプラスの新刊案内

『かくしごと』プロモーションビデオ公開

 


6月22日(水)
【週刊少年マガジン30号】『かくしごと』出張読み切り掲載

6月26日(月)
【サイン会@名古屋】
『かくしごと』1巻をアニメイトで予約するとサイン会参加抽選券GET(13日に抽選は終わっています。)

6月30日(木)
【画集】『久米田康治画集 悔画展』
画集の初回特典は、「カラー複製原画2枚セットが当たるプレゼントへの応募券」です。
抽選でサイン入りが10名、サインなしが100名さまに当たります。

店舗別特典画像を確認できたショップ。


6月30日(木)
楽園le paradis】『スタジオパルプ』掲載

 

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

最近見たアニメ映画3本の感想。(ネタばれ)

ずっと体調が悪いし絵が描けないしうにゃ〜!!
と悶々としつつも、週に一度は映画を見ていました。
では見た順に感想。

◆プリキュアオールスターズNEW STAGE2こころのともだち
見やすいし、スッキリと短い。
ちびっ子が飽きないような工夫(ミラクルライト)のシーンが
今回は3回も。
いじめがテーマなのだけど、そこは妖精学校を舞台にして
重くない演出。
悪い人を懲らしめたり責めたりしないのが
プリキュアのいいところだね。
悪役からプリキュアになった2人には説得力あるよ。

初代はやっぱり肉弾戦で魅せてくれるし、
ハートキャッチのえりかさんがなぜか目立ってたり。
個人的に嬉しいこといっぱい。

◆映画ドラえもんのび太のひみつ道具美術館
私はダメな感じの方の原作ファンなので、
初代どこでもドアだとか、ぶっちゃけひみつ道具という呼称も、
原作に無い表現とか見るとむっとくるのですが、
(全くダメなオタクだよね…)
むしろ原作ファンゆえに没入する映画でした。

モブ道具が濃い!
原作にある道具の出番のほうが圧倒的に多かったので、
細かいところまで見すぎて疲れるくらい。

ただ、謎解きのミスリードと、
話の終着点の見えづらさと、
回想多すぎなのは…余計見ていて疲れる原因だったかも。

ちびっ子も途中飽きてきてた感じがした。
ドラ映画は年の離れた弟を何年も連れて一緒に見たけれど、
小さい子には30分で飽きるものなんだよねー。
そういう点では、伝統。
大人の鑑賞にも耐えうる、と書けばポジティブ。

それはそうと、新ドラ映画のゲストキャラは皆かわいいよね!
のび太くんの謎のバンクシーンにも萌えましたが。
シャーロック・ホームズセットは原作にも出ましたが、
赤色にしたことで映画として花があるよね。

後日、観客動員数1億人のARを見ました。
やはり、昔のアニメドラは絵が違うなーと。
最近DVD借りてきて延々映画ドラ見てるけどね。

◆シュガー・ラッシュ
いい席取れるまで時間がかかったので、一番後回しになった本作。
人気があるだけあって、いい映画でした。
まず、最終目的がはっきりしている。
そしてハプニングを起こす、事件解決に向けて動く、
最終目的に到達。
伏線もきちんと回収するので見終わってスッキリ。
飽きさせない。
流石にディズニーの脚本だけあって出来がいい。

無駄に豪華にゲームキャラが脇役。
そしてパックマン優遇気味。
クッパに炎を吐かせるためだけ、居させるために
使用許可をもらったのだと思うとニヤける。
エンディングのファミコン風映像もいいよね。

レースゲーム「シュガー・ラッシュ」は、
やはりマリオカートをモデルにしてるのだと思ったけど、
最近見たばかりなので、gdgd妖精sのカート回を思い出す。

ディズニーのゲームサイトで遊べるゲームの中でも
フィックス・イット・フェリックスは一番単調でした。
窓ガラスを壊したり直したりで、よく30年もったなー。

でも、とにかく話作りがうまい。
2D作画時代のディズニーは絵柄がが苦手で見てなかったけど
もったいなかったかなー。でも仕方ない。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


『空が灰色だから』1巻レビュー

空が灰色だから
可愛らしい絵に、心がざわつく読後感。
ギャップ萌えかもしれない。

目の描き方がたまごっち。
すげーたまごっち。
そんな人物に、異様に描きこまれた背景。
これもギャップ?

うまくいかない少女達の話…で。
各話読みきり、キャラクターも1回限り。
一人でオムニバス、というやつだ。
1巻登場の子がたちがチャンピオンで再登場したので、
今後いろんな子が再登場する可能性もある。

この漫画のすごいところは話の振り幅。
始終可愛い話しから、えぐいバットエンドまで
各話の振り幅がすごい。
毎回、ほのぼのオチなのか、最悪の事態なのか
あるいは性癖の吐露なのか、
どっちなのだと読んでいて油断できないというか。

多分漫画を読み慣れた人ほど予想を裏切られる。

本作は、短期集中連載の時の3話と、連載開始から
「ガガスバンダス」まで収録されている。
ガガスバンダス前の話が2巻収録っぽいけど
…多分計算ミスだろうな。

1巻に入っててよかったガガスバンダス。
とんでもない破壊力です。
雑誌掲載時に何度も何度も読み返したもの。
ガガスバンダスのループから抜け出すために。
あの話に答えがあるのかわからないけど
答えがあるのではないか?と
何度も読んでいる時点で作者の思う壺だよな。

チャンピオン新人賞を取った時に
やたら褒められてたので「早く読ませろ−」
と待ちわびていた受賞作「破壊症候群」が
ほんとにすごくて。
WEB連載の「ドラゴンスワロウ」から、
短期集中連載から本格連載へ。

とんでもない逸材の出現を
目の当たりにしてるんじゃない?
と思ってしまう今日この頃。

どういう人なら好んで読んでくれるかな?
と、ちょっと人を選ぶかもしれない感じなので、
思いの丈をレビューと言うなの文章に載せておこう。

『馬越嘉彦 東映アニメーションワークス』感想

ハートキャッチプリキュア おジャ魔女どれみ
Amazonさんから昨日届きました。

『ハートキャッチプリキュア』
『おジャ魔女どれみ』シリーズ
『マリー&ガリー』シリーズ
などを手がけたアニメーターさんのお仕事の本です。
上記3作品のお仕事が収録されています。

表紙の躍動感あふれるキャラクターたちがすばらしい!
カバーをめくると、線画の状態で掲載されてて、それもまた美しい。

版権イラストが最初にあって、あとは各作品ごとに
キャラクター設定資料、原画、と収録されています。

版権イラストは…どれみの初期、今見るとやっぱり古い。
確かに10年以上も前の作品だものなぁ。
マリーガリーあたりから、線のタッチをつけるようになった?
でも、みんな生き生きした描線で、最高だよ!

そして各作品のページに。
やっぱりえりかの崩し顔、いいなぁー。
原画の動きっぷりはただただ感動する。
ためる部分、動く部分、キレがあって心地良いのですよ。

どれみのキャラクターデザイン案のラフも興味深い。
あんな野生児だったら、違う展開になってたよ!
『ナ・イ・ショ』のEDアニメ原画もヌルヌルしてるよ、
あの絵柄で!!

マリー&ガリーは偉人を自由な発想でデザインしたのが素敵。
フレミングはラッパーだよね、って!

濃くてよいご本です。宝物だね!

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!


評価:
---
一迅社
¥ 2,600
(2011-07-20)
コメント:萌え方面のお仕事集大成。

明日は七夕。

なので、フィギュアを出してみました。
さよなら絶望先生 木津千里 風浦可符香

さよなら絶望先生 木津千里 風浦可符香

さよなら絶望先生 木津千里 風浦可符香
小尻で可愛いのです。

猫のコロネさんにかじられることもなく無事に七夕を迎えそう。
コロネさんは細いプラスチックをかじるの大好きなんですよ。

みんなのお願い、叶うといいな。


JUGEMテーマ:さよなら絶望先生